のぞっくについて

住宅業界を、もっと、分かりやすく。

住宅業界/不動産業界は、消費者にとってすごく分かりづらい。
分かりづらいゆえ、契約した会社も契約費用も「適正」なのか分からない。

好きなデザイン/テイストの家、前もってイメージの湧きやすい住宅予算。
これらが、見えやすく、分かりやすくなれば、もっと家づくりは楽しいはず。
そんな分かりやすい提案を、NOZOC-Houseは心掛けています。

のぞっくでできること① 「建築費用&デザイン で探せる」

好きなデザインやテイストの家づくりの会社があっても、たくさん打ち合わせしてからでないと見積りが出ない。
また、事前に建築費用が分かる工務店や設計事務所が少ないし、掲載されていてもその坪単価が信用できない。

そんな不安に感じる建築費用の部分を、カテゴリー分けして探せることで、住宅予算のイメージが湧きやすくしています。

のぞっくでできること② 「見学して、話が聞ける」

家づくりを考えた時、まず「家を見てみたい」と誰しもが思うはず。
しかし、見学できるのは住宅展示場などにある建築費用が億越えのモデルハウス。
現実的な費用の家ではないし、いまいち生活感がなく、住み心地も分かりづらい。

そこで、家主さまの了承を頂き、見学することが出来る仕組みをつくりました。
この見学するメリットは大きく3つあります。
■現実的な建築費用で建てられた、生活感のあるリアルな家が見れること。
■建築した時だけでなく、住み始めたあとの住み心地(本音)が聞けること。
■建築実例を見ながら、どこにどれだけお金をかけたか、予算配分が聞けること。

のぞっくでできること③ 「適正な工務店/設計事務所を探せる」

例えば、愛知県内だと建築会社200-250社、設計事務所だと100~150社あります。
この中から、好みにはまる適正な会社(ヒト)と出会いたいもの・・これがすごく難しい。
さらには、家づくりの失敗に気が付くのは、実は完成して数年後なのです。
こんな間取りにすれば良かった・・こんなテイストが良かった・・、住み心地が違った・・など、この業界では、満足の声よりも不満の声の方が多いのが現実です。

だからこそ、身近なヒトの家づくりを見てみたり、話を聞くことで、適正で且つ信用できる工務店/設計事務所に出会えるのだと考えています。

私たちのぞっく編集部のメンバーは、宅地建物取引士/ファイナンシャルプランナー/個人情報保護士の資格をもつ、いわゆる「不動産業界の人間」です。
そんな業界を経験した私たちは、こう考えます。
「この住宅業界で、ほんとにお客さまのことを真剣に考えた会社(ヒト)は少ない! そして不透明(グレー)だ! もっと価値あるものが生み出せる!」と。
だからこそ、フラットなプラットフォーム「のぞっく」をつくることで、住宅の対価が見えやすくなり、家主さんの本音の声が届くようになり、より便利になる。
そんな思いで、「住宅展示場やモデルハウスではなく、身近なヒトの家づくりをのぞこう=のぞっく」がスタートしました。
見たい・聞きたい・知りたいなどの建築事例ごとの問合せでも良いですし、私たち編集部への個別相談でも結構です。
家づくりセミナー/個別相談はコチラ

皆さんの家づくりに少しでもお役にたてるように。私たち"のぞっく編集部"に少しでも多くの価値が生まれますように。

のぞっく編集部一同。