愛西市の注文住宅|収納・間取りの目安は7.07部屋?

愛西市の注文住宅の収納計画と間取り

こんにちは!愛西市の注文住宅の収納を考えよう・・のNOZOC編集部です♪
日々、尾張エリア等の工務店さんや設計士さんに取材しつつ、注文住宅の役立ち情報を纏めています。
そんな中、今回は注文住宅を愛西市に建てる方にとって、より有益な情報になるように、今回は「愛西市の注文住宅の収納と間取り」について書きたいと思います。

収納と間取りから考える愛西市の注文住宅

愛西市で家を建てよう!と思い立ってから、家づくりの具体的な収納計画や間取りをイメージするところまでいくには、けっこう色々なことを聞いて見て、知って学んでいかなければ、なかなか難しいと思います。

現に、私たちは愛西市など尾張エリアで多くの注文住宅の自由設計の話に触れますが、まだまだ知らないことも多く、考え方や価値観にとどまらず表に出てこない家づくりの情報もまだまだたくさん・・その中から、いかに自分にあった理想の注文住宅をカタチに出来るかで最短の情報収集や段取りを組むことがすごく大事なことだと言えますね。

愛西市の注文住宅データと収納の目安

以前にも記事を書きましたが、改めておさらいです。

愛西市の住宅供給市場データ(注文住宅/分譲含む)
□住宅の延べ床面積:152.9㎡

愛西市で建てられる戸建ての注文住宅の指標となる延べ床面積は、愛知県内で比べると広めの愛西市。
色々な家主さん宅を見学させて頂く機会が多いのですが、この広さは愛知県内で考えてもすごく広い部類だと思いますね。
それだけ広いと、なんの部屋にどれだけの広さを使っていこうか♪なんて、ワクワクするものです。

・・が、広いと当然のことながら居住する人の動線も長くなりがちで、日々の暮らしをしていく中で、「遠くて不便・・」なんて思ってしまうこともあります。
広いことは開放感もアリ、狭さに困らないので、一般的には自由設計の上で注文住宅をつくる場合にメリットが多いモノの、きちんと間取りや収納の場所、家事動線などを打ち合わせしつつ、進めていく必要があると言えます。

愛西市の注文住宅の収納計画と間取り

愛西市の注文住宅の居住室数は7.07部屋

こんなに多いんですね。
部屋が7部屋越えなので、リビング以外で6部屋です。
寝室に子供部屋、客室、ウォーキングクローゼットなど収納計画を踏まえてもゆったりと広さと数をとれますね。

先程もお伝えした通り、部屋が広いという事は、間取りや収納のことをきちんと考えなければ逆にデメリットにもなり兼ねない。
その家で暮らすにあたり、
一番長く家にいるのは誰なのか?
家でやることが多いのは誰なのか?
将来的にどんな住み方・暮らし方をしていくのか?

などを、きちんと家族で話合うことです。

愛西市の注文住宅に限った話ではないですが、よく聞くのは「収納が使いにくい・・」「家事の動線が遠い・・」など、実際に住み始めてからの収納の使いづらさや動線の不便さに気付くものなのです。

収納計画や設計プランニングは、日々の暮らしに寄り添ってノンストレスで効率よく使えるものでないと、価値はありません。
大きなお金をかけて、また何十年と向き合っていく「住まい/暮らし」だからこそ、使い勝手をよくして段取りをしていきたいものですね。

 

 


NOZOC編集部
安城市・西尾市・刈谷市の注文住宅|工務店選びのホントを伝える
記事:愛西市の注文住宅|収納・間取りの目安は7.07部屋?

今回、安城市の注文住宅について書かせて頂きましたが、今後も引き続き、安城市や西三河方面の工務店さんや設計士さんを取材しながら、注文住宅のあれこれを記事にしていきたいと思います。
注文住宅を安城市でお考えの方のお役にたてますように。