安城市の注文住宅、失敗しない方法とは?

こんにちは、のぞっく編集部です。
最近は、安城市・岡崎市・豊田市などでの注文住宅を手掛けるハウスメーカーさんから、よく聞く「安城市での賢い注文住宅の建て方」を幾つかご紹介したいと思います♪

安城市で取引される土地相場が上がってる?

安城市は、愛知の中心に位置する西三河地方の都市。
人口は18万5千人程で、愛知県内の他市と比較して、人口が増えている街です。
安城市の住宅の相場はどんなもんだろうそんな安城市での注文住宅などで取引される土地の価格は、地価公示価格は41.3万/坪当たり、土地取引価格は37.9万/坪当たり となります。
平均値ですがこれをひとつの相場として考える事ができると思います。
この価格は、前年比で+0.42%で上昇していますし、ここ数年では徐々にですが、土地相場が上昇していることが分かります。

 

安城市では、注文住宅 > 分譲戸建住宅 は本当?

安城市での注文住宅などの持ち家の建築された数は、約650戸程。
これに対して、分譲戸建ては約200戸程。分譲戸建ての特徴は、大手ハウスメーカーや大手ビルダーが割安な土地を仕入れて、そこにローコスト住宅を建築し、売却する時の利ザヤで利益をあげるモデルなので、土地の相場が上昇気味な割高?と思われる土地には消極的になります。
大手ビルダーが利益確保が出来ない為、土地の仕入れに困っている状況にあるということは、安城市で注文住宅を考えている方にとっては好都合になります。
なぜなら、土地が選びやすくなるからです。
大手ビルダーがはいる地域には、正直、なかなか良い土地が残っていないことがあります。良い土地は、大手ビルダーが買い押さえ、一般消費者の手に届く前に分譲住宅が建築されてしまうからです。
ここ安城市で開発なども進み街の利便性が上がっていく中で、分譲戸建ての供給は少なく、注文住宅の割合が増えるというのが理解できますね。

安城市の注文住宅の特徴を知ろう

安城市・岡崎市・豊田市などで注文住宅の家づくりを考えている方の約8割ほどは、土地探しから始まるのだそう。
ということは、家づくりをする多くの方は、土地の広さ~住宅の広さ/大きさまでをゼロから考えていくことになります。
「平屋が良いな♪」「広いお庭があったら気持ちいいな♪」などワクワクする反面、進めば進むほど「住宅予算」とのにらめっこが多くなり家づくりに疲れてしまうこともしばしば。
そんな方の為に、一つの目安(相場)をお伝えしたいと思います。

安城市の家づくりの住宅一戸当たり平均値(注文住宅・分譲含む)
・住宅の延べ面積:134.36㎡
・居住室数:6.23室
・一人当たりの居住畳数:14.79畳
[出典:国交省住宅局(安城市注文住宅からpickup)]

例えば、安城市で注文住宅などで建てられる家づくりの一戸当たりの平均は140㎡ほどで、愛知県の家づくりの平均:128㎡(居住室数6部屋)と比較すると、安城市での家づくりは広く大きい傾向にあることが分かります。
家が広いということは、より「理想の暮らしを実現できる!」ことを意味するので、ワクワクされる方も多いのでは?!

最近は、キッチンの収納スペースを広げるためにパントリーを造ったり、着替えることが出来るほどの大きめの収納=ウォーキングクローゼットを造ったりしますね。
収納~主空間との動線を極力短くしたり、収納計画をより良く見直したりと「家事をし易くする」というママの目線で造られる設計がすごく増えたように感じます。
考えてみれば、家の中で家事という仕事をこなすのは、一般的にはママの方が多いですからね。
ママさんの要望や意見を取り入れた設計は、必要不可欠になってきていると感じます。
それに、キッチンとリビングを合わせた広い空間にすることも多くなっています。これは、家族の時間を大切にしたいという住み手の想いを反映したものですね♪
キッチンで料理や洗い物をするママの目線に、常にリビングで遊ぶ子どもの姿があったり。
遅く帰ってきたパパさんの食事と、リビんぐでくつろぐママさんや子どもとのコミュニケーションをとったり。
注文住宅の特徴でもある自由設計をこんな風に生かして、住み手となるご家族の暮らしやライフスタイルに寄り添うように、より快適に過ごせるように、自由に考えていきたいものですね!

安城市の家づくりをスムーズにススめるコツ

注文住宅の収納計画などの間取りの手本になるものは?

これは、皆さん勘違いされていらっしゃいますので、何度もお伝えしますが・・
住宅展示場やモデルハウスなどでは、ご自分にあったライフスタイルを実現することはデキません。
そして、モデルハウスの多くはすごく高い建築費で建てられているので、リアルな資金計画ではないと思います。

では何を見て、イメージを湧かすか?
ずばり、それはリアルな家主さんの住宅を見学することです。
自動車と同様、生涯で数少ない買いものだからこそ、後悔することも多いのが注文住宅という買い物なのです。
「やっぱり、こんな家が良かった・・」
「これより、あっちにしたら良かった・・」
「この部屋、意外に使わないね・・」など、注文住宅の場合はよくある話です。
ぜひ、掲載しています注文住宅で建てた家主さんの家を見学しつつ、話を聞きながら考えを深めて頂けたら幸いです。
もちろん、安城市・岡崎市・豊田市などで見学可能な注文住宅の家主さん宅があるので、ご活用頂けたら嬉しいです。

安城市で注文住宅の家づくりを手掛けるハウスメーカーと
ギクシャクしない交渉をしていくことが大事

ひとりひとり、ご家族ごとで、理想の家のイメージは似ているようで、まったく違うもの。
住宅の大きさ・広さや、クローゼットなどの収納計画、寝室や子供部屋などの間取りの考え方によって、設計プランニングは大きく変わってきます。
その設計プランによって、住宅の壁の多さや基礎の広さ、設備などを決め、結果、注文住宅の建築費用や坪単価が決まってくるという考え方ですね。

それならばと、色々な建築会社から資料やプランの提案をもらい、比較・検討していこうと考える方が多くいらっしゃいます。
しかし、安城市での注文住宅の家づくりをされる方にも多いらしいのですが、何社かハウスメーカーや工務店をまわり、それぞれ設計プラン/見積もりをもらったとしても、プランニングや建築費用/坪単価の比較がなかなか難しく、何度も交渉をしているうちに関係がギクシャクして困ってしまうケースがあるとのこと。
安城市で注文住宅を考えて、広めのの家づくりでワクワクして多くの設計プラン楽しむことができる反面、素人ならではの気疲れで進めなくなってしまう・・ということなんでしょうね。
暮らしを表現する注文住宅の「自由設計」には、プレゼンするための事前設計というそれなりの設計する側の手間があり、あまり何度も書き直しをしたりプランの提案し直しがあると、「手間ばかりでウチで契約する気はあるのかな?」という不穏な空気が流れるものです。スムーズにお互いの聞き取り/歩み寄りが出来るように、事前にしっかりストーリーを考えておくことが大切ですね。

 

ここ安城市・岡崎市・豊田市の住宅展示場やモデルハウス・オープンハウスなどを使いたい注文住宅をお考えの方は、ぜひ、掲載している注文住宅の事例を見学したり、資料請求などしたり、活用頂けたら幸いです。
引き続き、注文住宅事例をたくさん掲載/更新していきますので、ご覧くださいませ♪


―のぞっく編集部―
住宅展示場・モデルハウス・オープンハウスではなく、身近な注文住宅をのぞこう「のぞっく」
対象エリア:西三河 | 安城市・岡崎市・豊田市 | その他近郊。

■注文住宅の事例一覧はこちら
→→→ 東海の注文住宅:事例一覧へ

■リノベーションの事例一覧はこちら
→→→ 東海のリノベーション:事例一覧へ