蒲郡市の注文住宅の相場とは|間取りを活かした坪単価と費用の考え方

こんにちは、蒲郡市・幸田町・西尾市の注文住宅の分かりやすい化を目指す!のぞっく編集部ですww

蒲郡市エリアで建てられる注文住宅などの家づくりにおいて、蒲郡市・幸田町・西尾市などでおしゃれな注文住宅を手掛けるハウスメーカー・工務店さんへ取材に伺いました。
注文住宅の家づくりに役立ちそうな収納計画と間取りのこと、建物坪単価や建築費用などの相場の考え方などの内容を一部ご紹介します♪

蒲郡市は、暮らしやすい街?

蒲郡市の人口は約8万人。
人口が多い街だけあって、注文住宅などの家づくりの数は、年間300戸程建てられ、西三河では刈谷市や安城市に次ぐ「家づくり」の供給の多さです。
豊川市や岡崎市、幸田町や西尾市に隣接していて、渥美半島と知多半島に囲まれた温暖な気候の海辺の街としてのイメージがあります。
ラグーナ蒲郡や賑わう温泉街も複数あって、海辺を中心にヨットなどのマリンスポーツも盛んになりつつある暮らしやすそうな街ですね。
また公共交通機関も、海辺を走るようにJR東海道本線があるので、鉄道沿線のベッドタウンとしてもひそかに人気のあるエリアです♪

注文住宅を蒲郡市で建てるなら統計を知ろう

蒲郡市の注文住宅一戸当たり平均値(注文住宅・分譲含む)
・住宅の延べ面積:143㎡
・居住室数:6.8室
・一人当たりの居住畳数:16畳
[出典:国交省住宅局(蒲郡市注文住宅からpickup)]

上記データから分かる通り、蒲郡市で建てられる注文住宅の延べ床面積は平均143㎡で、愛知県の平均の床面積128㎡と比べると、だいぶ大きな住宅だということが分かると思います。
当たり前のことですが、延べ床面積が広いということは、それだけ間取りや収納など、理想の暮らしをより実現しやすくなることを指しているし、設計士さんから提案される設計プランは数多くあります。

蒲郡市に建てる注文住宅の建物坪単価/建築費用ってどれくらい?

そもそも、坪単価とは?という話ですが、注文住宅などで建てられる住宅の建築費を坪数で割ったもの。
よく使われる建物坪単価は、[建物の本体価格/延床の坪数]で計算されますが、その解釈は注文住宅を手掛ける建築会社によってバラバラ。当然の事ながら、蒲郡市にも注文住宅を受注できる多くのハウスメーカー/工務店/設計事務所があるので、その比較は難しいものです。
(建築会社の商品シリーズで、坪単価で比較するような場合は、建物坪単価の考え方/基準が一緒なので、比べることはOK!)

例えば、建物坪単価が40万であれば、50坪の建物で2,000万円、60坪の建物で2,400万円、の建築費用が掛かることになります。

そして、建てられる家の大きさによっても、坪単価は大きく変わります。
家の大きさが小さければ小さいほど坪単価は上がり、大きければ大きいほど坪単価は下がる、ということになります。
それは、まっさらな土地に対して、ゼロから家づくりをするということは、多種多様な職人さんがいたり、扱う資材があったりと、多くのモノを纏めていくわけですが、それらは規模が大きければ大きいほど、人件費や建材費、流通コストを抑えることが出来る!ということが理由になります。
蒲郡市では、注文住宅の家づくりにおける一戸当たりの平均延床面積は、約143㎡。
これは坪数で換算すると43坪ほどなので、坪単価60万であれば住宅の建物建築費用は、約2600万円が必要になります。
【愛知県の戸建て建築費用の平均坪単価:59.7万円 ※住宅金融公庫の調査データ】
あとは、この建築費用に付帯工事費用と土地代・諸費用を追加すると、注文住宅の家づくりにおける全体の費用が割り出せます。
蒲郡市での土地費用の算出シミュレーションは、また後日、記事としてアップさせて頂きますね。

意外と知らない人が多い建築費用が
大きく変わる注文住宅と分譲住宅の家づくりの違い

注文住宅を手掛ける建築会社さんの話によると、蒲郡市・幸田町・西尾市などでの注文住宅を希望されるお客さまのなかにも、分譲住宅との違いを意外によく分かっていない方が多いとのこと。
蒲郡市で木造戸建てを建てる!といった場合に、どんな方法があるのでしょう?
大別すべきは、まず、新築を建てるのか、中古を買うのかというところですね。
新しくマイホームを建てるのか?それとも、中古物件をリフォーム/リノベーションしてマイホームにするのか?という事ですね。
地震に対する防災の意識の強さからか、日本で建てられる家づくりは、9割は新築であり、注文住宅の割合も変わらず高いです。

では、新築で・・と言った場合には、どんな選択肢が??
これには、分譲住宅と注文住宅があります。
蒲郡市・幸田町・西尾市のエリアでも、分譲住宅なども多く建っていますし、また注文住宅を建てるハウスメーカーや工務店もまた多くあります。
新しい住まいを買いたい・・という方は、まずは実物を見てみたいという方がすごく多く、分譲住宅の見学会に出かけてみたり、住宅展示場のモデルハウスを参考にしたりと、家づくりの始め方としてはバタバタと忙しくしてる印象ですね。
注文住宅の特徴であり、最大の魅力はやはり自由設計。
分譲住宅が型にはまった規格住宅であるのに対し、注文住宅は家の設計や作り方などすべて自由です。
このイチから、設計士案と話し合いをし、決めていくことで、住み手となるご家族の「したい暮らし」を実現していくことになります。
だからこそ、ある程度、設計プランニングをつめていかないと見積もりも出てきませんし、全体の注文住宅の予算の把握もしにくくなります。
そんなお金の不安も、一生に一度の買い物だから妥協したくない!という気持ちで、皆さん取り組んでいらっしゃいますね。

注文住宅のスムーズな交渉は「事前の条件整理」がカギ?
蒲郡市で家づくりをするならば、最低限のことを前もって決めておこう

まず、「事前の条件整理」とは、なにか?
これは、契約をする建築会社との交渉の前に、前もって計画を練ったり、打ち合わせをしておくことを指します。
蒲郡市・幸田町・西尾市での注文住宅に限らず、どこでも当てはまる内容だと思いますが、なにごとも「段取り」よく進めていこうという意味です。

事前整理をすると、どんなメリットがある?
ずばり「比べやすく」「見やすく」することです。
例えば、蒲郡市で注文住宅で家を建てたいという想いに対して、蒲郡市の家づくりに得意な建築会社(ハウスメーカー、工務店、設計事務所など)が色々なプランを提案することになります。
そして、その提案された各会社を比較検討するときには、大きく3つの面で見極めていくことになります。
【予算/資金(土地探し)計画】、【建物の建築費用/坪単価】【間取り・設計プラン/提案力】の面です。
これらを、事前整理せず想いをぶつけることで、各建築会社の提案プランに共通項がなく、「比べるのが難しい!」となるのです。
そうならない為にも、最低限、下記の内容は事前に決めておこうと私たちはアドバイスさせて頂くことが多くあります。
蒲郡市の注文住宅ならばなおのこと、ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

■家事と子育てを、注文住宅設計の収納計画と間取りに反映させよう:

例えば、賃貸で暮らしている頃に「収納」や「間取り」において、不満を持ったことはありませんか?
それを解消するのが、注文住宅の一番の魅力であり、役割です。
日々、行き来するキッチン~サニタリー~物干し場~収納/クローゼット。
この家事動線が短くなることで、家事は驚くほど時短になります。
この家事動線が明るくなることで、家事は驚くほど気分よく出来ます。
家は一生で一番高い買いものであり、自由に設計(注文住宅)できるものである、暮らしを実現するもの。
住まいにどんな役割を持たせ、どんな暮らしを実現していきたいのか?ということを前提において、キッチンやダイニング・リビングとの関係、ウォーキングクローゼットやパントリーなどの収納計画、家族がコミュニケーションを取りやすい住空間などを考えていくことで、注文住宅の魅力を最大限に発揮できると思います。

家づくりは3回目でやっと欲しい家を建てることが出来ると言われています。
それぐらい注文住宅の自由設計をきちんと理解して、設計プランニングをして暮らしに反映させることは難しいことなのです。
蒲郡市は年間で注文住宅などの家づくりが300戸程建築される街なので、それだけ多くのハウスメーカーや工務店、設計事務所が存在します。
家づくりの話を進めていくと、暮らしと設計のイメージが段々と持てるようになり、どんどんとアイディアも浮かんでくるものです。
そんな家主さんの気持ちをきちんと汲み取ってくれるスタッフや設計士さんに出会い、家づくりを進めていけたらすごく幸せなことなんだと思いますね。

蒲郡市・幸田町・西尾市の注文住宅を手掛ける工務店に相場を聞き出そう

住み手となるご家族によって、建てたい家のカタチはそれぞれ違います。
リビングとダイニングの関係、子ども部屋への動線、家事などの効率よい間取り、使いやすい収納計画・など、上げたらキリがありませんね。
それらの、蒲郡市・幸田町・西尾市などで実現したい注文住宅の想いを、どう伝えるかで、設計プランニングは変わってきますし、その結果で、注文住宅の建物坪単価や建築費用が見えてくるもの。

そして、その設計プランニングを考える設計士さんや建築家さんのヒアリングする力によって、暮らしの実現力はまったく違ってきます。
・・となれば、やはり設計プランや見積もりは、より多くのハウスメーカーや工務店・設計事務所へお願いしたいところ。
しかし、あとで苦労するのが、どこか一社に絞っていく「決断する作業」です。
蒲郡市・幸田町・西尾市での家づくりに適したプランを出してくるのは当然のこと、家のコンセプトやライフスタイルの実現は、素人から見るとどれも魅力的。
そして、その魅力的な設計プランニングと見積もりを見比べながら決めていくもの。
この作業は、当然のことながら無償で手間ひまかけている設計士さんや建築家さんへの申し訳ない気持ちでやり取りをするので、すごく気を使うし、疲れるもの。そしてギクシャクするものです。

そうならない為に、事前にご家族間で話合ってほしいのです。
家の大きさや部屋数、収納計画やだいたいの間取りなど、ぼんやりとしたイメージで構いません。
パパ・ママによっても、住まいの考え方は違うと思うので、各要望の優先順位や妥協ラインなども書き出しておくことです。
そうすれば、各建築会社と話し合いをするときも、提示される設計プランも少し似た感じになるでしょうし、それに付随する見積もりなども「比較がし易い」というメリットが出てきます。
最終的に、建築会社を絞り込むポイントは「設計力と予算」が大半です。
より比べやすくする為に、ひとつひとつひも解いていきましょう。
また、同じ要望を話していくことで、各ハウスメーカーや工務店さんに同じ土俵に立って頂くことになるので、その設計士さんや建築家さんのヒアリング力や提案力も見えやすくなります。
高いかいものだからこそ、妥協はしてはいけませんよね。
ただ、妥協をしないからこそ、住み手側となるこちら側の考えもまとめて、スムーズな交渉になるように考えていかねばなりませんね。
蒲郡市での注文住宅などの家づくりをスムーズに進める為の「事前にしっかり考えておくこと」に関しては、追って別記事で書かせて頂きます。

蒲郡市には、設備関連のショールームはありますか?
知ることで、注文住宅の建物坪単価/建築費用は安くできます

蒲郡市には、注文住宅などで設置されるリ〇シルや〇ートーなどの設備関連のショールームはありますか?
例えば、キッチンを選ぶにあたって、その価格帯とそのキッチンのセレクトはベストな選択だと言えますか?
これは、設備の会社を知らなければ、イエスだし、知っていればノー、と言えるのだと思います。

キッチンひとつをとっても、流通ルートや販売する会社によっても大きく金額は違うもので、知らなければ損をする典型的なモノだと思います。
それに金額面だけでなく、「こんなにおしゃれなキッチンあったんだ!」「このキッチンはすごく使いやすいし、家にマッチするね♪」など、気付くことも多いはず。
契約をするハウスメーカーさんや工務店さんの担当者の腕の見せ所でもあるので、しっかり相談して、色々な提案を受けてみてください。
家だけでなく、設備などの細かい部分にまでこだわってくれる方は、真摯に対応してくれるという信頼の証ともとれるので。

皆さまの注文住宅の家づくりのお役にたてますように。


―NOZOC編集部―
身近な東海の注文住宅をのぞこう「のぞっく」
~注文住宅に住む家族の暮らしや経験から、間取り・坪単価・建築費用などを参考にしよう~
対象エリア:西三河 | 蒲郡市・幸田町・西尾市 | その他近郊。

■注文住宅の事例一覧はこちら
→→→ 東海の注文住宅:事例一覧へ

■リノベーションの事例一覧はこちら
→→→ 東海のリノベーション:事例一覧へ