東海の注文住宅|間取りと収納を活かす|坪単価と建築費用の相場を知ろう

こんにちは、東海の注文住宅の分かりやすい化を目指す!のぞっく編集部ですww

東海の注文住宅などの家づくりにおいて、東海でおしゃれな注文住宅を手掛けるハウスメーカー・工務店さんから、注文住宅の家づくりにおける間取りや収納計画などの設計プランニングと、それに伴う建物坪単価・価格のこと、建築費用などの資金計画のことを聞きましたので、その一部をご紹介します♪

東海で家づくりされる注文住宅の建物坪単価/建築費用の相場は?

そもそも、坪単価とは?という話ですが、注文住宅などで建てられる住宅の建築費を坪数で割ったもの。
よく使われる建物坪単価は、[建物の本体価格/延床の坪数]で計算されますが、その解釈は注文住宅を手掛ける建築会社によってバラバラ。当然の事ながら、東海にも注文住宅を受注できる多くのハウスメーカー/工務店/設計事務所があるので、その比較は難しいものです。
(建築会社の商品シリーズで、坪単価で比較するような場合は、建物坪単価の考え方/基準が一緒なので、比べることはOK!)

例えば、建物坪単価が40万であれば、50坪の建物で2,000万円、60坪の建物で2,400万円、の建築費用が掛かることになります。

そして、建てられる家の大きさによっても、坪単価は大きく変わります。
家の大きさが小さければ小さいほど坪単価は上がり、大きければ大きいほど坪単価は下がる、ということになります。
それは、まっさらな土地に対して、ゼロから家づくりをするということは、多種多様な職人さんがいたり、扱う資材があったりと、多くのモノを纏めていくわけですが、それらは規模が大きければ大きいほど、人件費や建材費、流通コストを抑えることが出来る!ということが理由になります。
東海では、注文住宅の家づくりにおける一戸当たりの平均延床面積は、127.94㎡。
これは坪数で換算すると39坪ほどなので、坪単価60万であれば住宅の建物建築費用は、約2,340万円が必要になります。
【愛知県の戸建て建築費用の平均坪単価:59.7万円 ※住宅金融公庫の調査データ】
あとは、この建築費用に付帯工事費用と土地代・諸費用を追加すると、注文住宅の家づくりにおける全体の費用が割り出せます。
東海での土地費用の算出シミュレーションは、また後日、記事としてアップさせて頂きますね。

建築費用の相見積もりは、建築会社を絞るべきだろうか?

家づくりを手掛ける建築会社は、ハウスメーカーでも工務店でも設計事務所でも東海にはたくさんあります。
その中で、建築会社からとる家づくりの建物坪単価/建築費用などの参考に見積もりをたくさんとって、いわゆる相見積もりをされる方は多くいらっしゃいます。
ここでまずお伝えしたいのは、相見積もりをとって建築会社を絞るのではなく、見積もり前にある程度絞っておくことが大事だということです。
その建築会社とのフィーリングや意匠性/デザインの好き嫌いもありますが、何より家づくりに対する姿勢、暮らしのニーズに対する真摯なヒアリング力、建築現場の施工・品質管理に対する考えなどをよく確認すること、これらから徐々に絞っていくことです。
これらの感覚は、素人玄人関係なく、感じ取って判断することであまり間違うことはないと思います。

また、家づくりのお金(坪単価や建築費用)の話になったときに「金額面は何とかします!」「今なら〇万値引きします!」などと価格の競争に乗っかってくるようなら、警戒した方が得策なのでは?と思います。
NOZOC編集部では、東海でもたくさんの会社を取材したり話を聞いたりしていますが、家づくりの優良な建築会社さんは「価格だけで決めてくるお客様」はお断りしている傾向にあるからです。
それに、あまり価格のことばかりを建築会社に話していると、もしかすると建築現場では手抜き工事に繋がることもありやも知れません。
家づくりをお願いする人、される人には、利益相互の関係があり、お互いの信用信頼関係で築かれるもの。
建物坪単価や建築費用を少しでも値切ろうと、過度な価格競争や相見積もりは避けるようにしましょう。

注文住宅業界の半分は、遅れた体質をもっている

注文住宅の最大の魅力は自由設計であり、ゼロから家づくりを組み立てるようなものなので、当たり前のように「家づくりの失敗・後悔」があります。
東海での注文住宅の家づくりでも同様に「建築会社が倒産した!」「約束を守ってくれなかった!」「態度が急変した!」など、契約している相手としてあってはならない様なことになってしまうことがあります。
これらは、いまだに注文住宅業界が遅れた体質を持っているから・・という考え方ができます。
家づくりの建築現場では、昭和の時代から大工さんや職人さんの格好(見た目)はあまり変わらないですし、注文住宅のお客さんとの距離感もあるままです。
そして、注文住宅の設計士の図面と、現場職人の家づくりの完成品との違いがいまだにあり、建築現場でよく使われる「納める」(なんとかする)なんて言葉がいまだ使われているほど・・家づくりにおける品質管理や工程管理などが重要視される中で、現場職人さんの「納めてやっているんだ」という立場でいて、この逆転した関係にいまだに違和感を感じさるを得ません。

東海の家づくりを手掛ける注文住宅メーカーさんはたくさんありますが、本当に良い建築会社さんを選ぶ時には一つの目安になると思います。
家づくりをする建築現場の職人さんまで、きちんと「お客さまから仕事を頂いている」という感謝の気持ちを持って、家づくりの品質維持に努めている建築会社ほど安心して良い契約が出来ていると感じます。
一生で一番高い買いものを託す相手だからこそ、しっかりと選び、良い関係を築いていける方・会社と出会いたいものですね。

東海で家づくりを失敗しない為の事前準備

家づくりは「車を買う」ことと似ていますが、一度や二度の買い物ではなかなか思い通りの買い物ができず、やっと三度目で欲しい家を建てることが出来ると言われています。
それぐらい注文住宅の家づくりは難しい。
欲しい収納計画や使いやすいサニタリー、キッチン計画などを理想の暮らしとして、設計プランに落とし込んでいく・・これが、ハウスメーカーや工務店、設計事務所と上手く話し合いと意思疎通が図り、さらにはきちんとした建築施工をしてもらえれば、理想の暮らしは実現すると言えます。
東海は年間で注文住宅などの家づくりが一万戸程も建築される街なので、それだけ多くのハウスメーカーや工務店、設計事務所が存在します。
家づくりの話を進めていくと、暮らしと設計のイメージが段々と持てるようになり、どんどんとアイディアも浮かんでくるもの。
そんな家主さんの気持ちをきちんと汲み取ってくれるスタッフや設計士さんに出会い、家づくりを進めていけたらすごく幸せなことなんです。

家づくりをするハウスメーカーや工務店さんとの話し合いの前に、しっかりと住み手となる家族の間で打ち合わせをしておく必要があります。
「キッチンはアイランドキッチンが良い」「リビングは吹抜け感が欲しい」「子ども部屋と寝室は近くに」など、注文住宅の間取りニーズはそれぞれですよね。
東海での家づくりに限った話でもないですが、目安を考え、スマートに交渉をすすめていくコツはここにあります。

家づくりをする建築会社と話し合いをするときに「やっぱりキッチンはコッチの方が・・」などと話が二転三転すると、先方の設計士さんも大変な想いをしますし、何度も提案し直しをしていると気まずくなるものです。
何社かの建築会社と話をしているのであれば、当然、1社に絞るために断りを入れないといけない・・これもまた申し訳ない気持ちでいっぱいに。
そうならない為にも、事前にニーズや要望をある程度決めておくことで、スムーズな話合いができます。
それに、最終的にハウスメーカーや工務店を絞っていく時に、「なぜ、ここを選ぶのか?」が明確に見えやすくなるので、気持ち的に少し楽になったりもします。
「金額的に・・」「設計プランが合わなくて」など、理由がはっきりすれば、断り方もスムーズにいくのではないでしょうか?
例えば、家づくりをする時の考えておいたら良いのでは?という内容を幾つかあげてみますね。

・どれほどの収納と、どこに収納が欲しいか。

東海で賃貸で暮らしている方が、東海で注文住宅を建てるなんてことはよくあります。
そんな時は、ぜひ賃貸で暮らしていた時の収納の使い方に着目してみてください。
まずは、収納の量ですね。
家づくりをされるほとんどの世帯は、子育て世帯であり、家の荷物が急に増えた!なんて家庭が多いと思います。
今の収納がいくつあって、どれほどの容量で使っているのか?
家の中と外で、使い分けているのか?などを、確認して、絶対必要量をざっくりと確認してみてください。
次に、収納の場所です。
収納は、実施に使う場所と納める場所が遠いと実用性に欠けてしまいます。
使う場所と片付ける場所が近いからこそ、その収納を使おうと心掛けるので、結果、家が散らかりにくい!ということに繋がります。
サニタリー、リビング、屋根裏、玄関・・それぞれ用途に合わせて収納の配置が必要になります。
日々、行き来するキッチン~サニタリー~物干し場~収納/クローゼット。
この家事動線が短くなることで、家事は驚くほど時短になり、また明かり設計で明るくすることで、驚くほど家事が楽しくなったりします。
最後に、使い方です。
最近はウォーキングクローゼットなどが流行っていますが、「意外に使いにくい・・」なんて声も多くあります。
それは、クローゼットが深すぎるために手前の荷物がじゃまで奥のモノが取れない・・や、ヒトが通る動線を確保しないといけないから、モノをあまり詰め込むことができない・・など、理由はさまざま。
そこに入れるものが大きいモノなのか小物なのかによっても違うでしょうけども、収納の深い/浅い、棚の有り/無し、仕切りが可動する/しない、など、「使い勝手の良さ」に目を向けて考えておくことで、より快適な収納計画になるはずです。

・家族のコミュニケーションが増える間取りを。

家でやる仕事と言えば、家事です。
家の中で走り回ることが多いのは、実は家事をするお母さんです。
子育て学の話でも出たりしますが、お子さんがいるご家庭の子供の精神的成長を促したり、支えるのは、お母さんの存在だそうです。
これを家族のコミュニケ―ションのひとつとして考えた時に、いかに家事動線上に家族の気配があるか、もしくは家族と顔を合わせることが多くなるか、これに尽きると思います。
今までの家づくりで多かったのは、住み手それぞれに部屋がありきちんとした仕切りが設けられた分譲住宅の様な家。
こんな風な家づくりでは、注文住宅の自由設計の魅力を活かすことはできません。
自由設計にするからこそ、理想の暮らし=家族がどうありたいか?をイメージしながら、間取りを考えていくと楽しい「らしさ」ある家になると思います。

どうやったら自分の欲しい家がわかるの?

先ほど、暮らしのイメージの大切さをお伝えしましたが、具体的にどうやったら『自分たちがどんな家づくりがしたいのか』知れるのでしょうか。

東海地域であれば、例えば、住宅雑誌やインターネットなどを開いて、好きなイメージ・デザインを一つのノートやファイルに集めて『暮らしのイメージBOOK』を作ってみてください。
別に家でなくても、カフェや雑貨屋さんなどのお店でも構いません。とにかく自分がこんな家に住みたい!と思うものなら何でも良いのです。
しばらくすると、好きな雰囲気の画像がたくさん集まってくるかと思います。

その集まった写真を キッチン、リビング、外観、寝室とグループ分けをします。そして、好きな理由や書いてみましょう。
その写真を見て「どうして気に入ったのか?」「ここでどんなことがしたいのか?」想像しながら書くと夢が広がり楽しくなってきます。
そうすることで、自分たちがどんな家づくりがしたいのか、形となって見えてくるのです。
その『暮らしのイメージBOOK』を工務店に持って行けば、打ち合わせも時間をかけずスムーズに済み、自分のイメージを簡単に伝えることが出来ます!
すごく気に入ったものには「★★★」少し雰囲気が好きな場合は「★★」など、印を付けておくと、とてもよく伝わり、より夢が叶いやすくなるので便利です♪

家づくりは家を建てるのが目的ではなく、家族のために始めるものです。
家族が幸せになる夢を叶えようとして家づくりを始めると、なんとなくで始めるよりも必ず楽しくなるはずですよ。

 


―NOZOC編集部―
身近な東海の注文住宅をのぞこう「のぞっく」
~注文住宅に住む家族の暮らしや経験から、間取り・坪単価・建築費用などを参考にしよう~
対象エリア:東海 | その他近郊。

■注文住宅の事例一覧はこちら
→→→ 東海の注文住宅:事例一覧へ

■リノベーションの事例一覧はこちら
→→→ 東海のリノベーション:事例一覧へ