春日井市|注文住宅|木造でつくるローコスト住宅とは?

春日井市の注文住宅を、木造のローコスト住宅で建てるなら学んでおこう

こんにちは、春日井市の木造ローコストで造る注文住宅の分かりやすい化を目指す!のぞっく編集部ですww

今回、春日井市にて注文住宅の木造戸建てを多く手掛けている、工務店さんに話を伺いました。
注文住宅の家づくりにおける木造の種類やローコストの条件などについて聞きましたので、その一部をご紹介♪

春日井市で建てられる住宅の構造の特徴や性能

建物の強度は、骨組みや構造がどうなっているのか?により決まっています。
住宅の構造は、骨組みに使われる材料によって、木造/鉄骨造(スチール造)/鉄筋コンクリート造(RC造)の3つに分類。
この中でも、一番多いのは「木造住宅」です。
春日井市の注文住宅でも同様に、ローコストで工事する為に木造で戸建てを建てる工務店が多いですね。
鉄骨道や鉄筋コンクリート造と比べて、安く造れる点がメリットになっています。
骨組みの組み上げ方の違いによって、在来軸組工法や伝統工法、2×4工法、丸太組み工法などがあり、一般的には柱と梁で骨組みをつくり組み上げていく軸組み工法が用いられています。

春日井市でもよく建てられる注文住宅の木造で使われる在来軸組工法とは

今、国内で建てられる一般的な工法が在来軸組工法です。
土台・柱・梁と組み上げて、建物の骨組みがつくられます。
筋交いという斜材や軸の部分に構造用合板などを釘打ちした耐力壁をバランスよく配置することで、地震や風圧に耐える様に設計されているもの。
この構造は、間取りの自由度が高いので、開放的な空間にも閉鎖的な空間にも対応がし易く、またリフォームリノベーションなどの増改築などでも、扱いやすい構造と言えます。
壁の仕上げ方は、柱を見せる真壁と、柱を見せない大壁などがあり、和室か洋室かなどにより使い分けされます。

木造住宅を春日井市で注文住宅として土台と柱、柱と梁など、複数以上の部材に角度をつけて接合したものを仕口と言い、長手方向に部材の長さを増すために、そのまま接合したものを接手と言います。
筋交いの端部や柱の仕口、継ぎ手の方法は建築基準法に具体的に明示され、主に金物で補強されるようになっています。
春日井市の既存の住宅の改装などの時には、この在来工法を正しく理解している工務店さんや大工さんなどにお願いしないと、定められた建築施工がされないケースなどもあり注意が必要ですね。

春日井市の分譲住宅によく使われる2×4工法とは

その名の通り、2×4インチ、2×6インチなどの断面の寸法をもつ木材を使用して枠をつくり、その枠に構造用合板を釘打ちしてパネルにして組み立てる構法です。
このパネルを用いて、大きな箱をつくるように組み立てるので、枠組み壁工法とも言われています。
このパネルのことを耐力壁と言い、パネルを建物全体にバランスよく配置することで、地震や風圧、屋根や床の荷重に耐える様になっています。

在来工法のように、複雑な仕口の加工が無く、部材を釘打ちで接合する為施工がし易く、工期も短くて済みます。
増改築は、耐力壁の量やバランスを考える必要があるので、在来工法に比べて大工さんなどの対応が難しいと言えます。

皆さまの注文住宅の家づくりのお役にたてますように。

 


対象エリア:尾張 | 春日井市 | その他近郊。
春日井市|注文住宅|木造でつくるローコスト住宅とは?

―NOZOC編集部―
身近な東海の注文住宅をのぞこう「のぞっく」

■注文住宅の事例一覧はこちら
→→→ 東海の注文住宅:事例一覧へ

■リノベーションの事例一覧はこちら
→→→ 東海のリノベーション:事例一覧へ