春日井市のモデルハウスを参考に|住宅展示場やオープンハウスを活用しよう

こんにちは、 春日井市の注文住宅の分かりやすい化を目指す!のぞっく編集部ですww

注文住宅で家づくりをされる方の95%は、家づくりの情報収集に「住宅展示場やモデルハウス、オープンハウス」を利用されるそうです。
しかし、極端に広い家だったり、家具や設備などの仕様が高い住宅だったり、二世帯住宅だったりと、現実離れした家を見学してもあまりリアルに想像がしにくい・・。
そんな方の為に、住宅展示場の正しい・賢い使い方について書いていこうと思います。

今日は、春日井市のハウスメーカーさんとの打ち合わせでやってきました。
春日井市は、名古屋へのアクセス良しのベッドタウンとして定着してますし、JR沿線上の神領や高蔵寺なども開発が進んで、便利で住みやすい地域になっていますね♪
サボテンの生産が多いのも有名ですし、桃やブドウの果樹生産も豊富で自然の幸に恵まれているから、すごく好きです♪

名古屋へのアクセスが良いベッドタウンなので、人口が多い=注文住宅などの持ち家供給も多く、年間1,000戸近い持ち家住宅が供給されています。名古屋市近隣エリアとしては、土地の値段も少し高めなので、他の地域にお住いの方が土地を探す・・というよりも、元々春日井市に住んでいたことがあったり、生まれがこの春日井だったりという方たちが求める場所と言えますね。

春日井市では、住宅展示場はひとつ。ナゴヤハウジングセンターが運営する春日井住宅展示場のみ。場所は西山町。
その住宅展示場の春日井会場では、モデルハウスを出展しているハウスメーカーや工務店は、20社。見渡す限り、大手ばかりですね。
木造系と鉄骨造系が、半々といったところでしょうか。モデルハウスとなっている住宅はどれも二世帯住宅ばかりなので、一般の方からすると「でかっ!」と思ってしまうかもしれませんね。
わたしも、あんな大きい家にお友達たくさん呼んで、優雅な暮らしがしてみたいものですww

春日井市近くの住宅展示場に行くなら、セミナーを聞ける日に

住宅展示場やハウジングセンターでは、家づくりにおけるセミナーや勉強会などが毎週のように行われています。
多くのモデルハウスを出店しているハウスメーカーや工務店さんの広告の代理をする住宅展示場という立場なので、一にも二にも集客ありきです。
ですので、子育て世代にウケの良い〇〇キャラクターショーやご当地グルメなど、行きたくなるようなイベントがたくさんありますよね。
その中でも、家づくりを始めた方向けのセミナーや勉強会も数多く実施しています。
例えば、 春日井市での家づくりにおけるアレコレ、 春日井市の土地探し情報など、その地域性に合った内容のものも数多くあるものです。
一般的な話に加えた地域性はしっかり情報収集しておけば、かならず役に立つものも多いはず・・。

これらの話は、住宅展示場やハウジングセンターに出展しているハウスメーカーや工務店さんが情報発信をするわけでなく、展示場の運営側が行うセミナーや勉強会なので「中立的」な要素もあり、あとで営業をかけられて困る!なんてことも少ないので、利用する価値はあると思います。
(そこで、個人情報などを提示するかしないかは、各個人の判断ですがww)
家づくりにおいて最低限、勉強しておくべき「段取り」や「条件整理」、「会社選び」など、計画的にスムーズに進めるためにも必要だと考えます。

モデルハウスがたくさんあって、建築会社とも話せるので楽ちん?

家づくりを考える上で、すごく苦労することにひとつに「建築会社探し」があります。
春日井市でも年間で750戸ほどの注文住宅などの家づくりがされるので、それに見合っただけのハウスメーカーや工務店がたくさん存在します。
その中で、理想の暮らしを実現してくれる建築会社は何社いるでしょうか?
探していくと分かると思いますが、マッチする会社は実はものすごく少ないのです。(私の感覚では、ほんの数社だと思いますが)・・そもそも建築会社と出会える場がかなり限られていますよね。
その結果、皆さん、一度にたくさん建築会社の話が聞けるということで、住宅展示場はハウジングセンターへ行く!ということなんですね。

ただ、住宅展示場へモデルハウスへ見学に行ったり、話を聞きに行かれる方のほとんどは、家づくりを考え始めた方ばかり。
右も左も分からない状況ゆえ、家づくりのいろいろな話を聞いて混乱することが多いですね。
むやみやたらと建築会社の話を聞くのではなく、意匠性や家づくりの特徴をよく見て、ある程度絞って話を聞くことが大事です。

そして、より具体的な予算の話をすることも大事なこと。
良いハウスメーカーや工務店の営業マンは、こちらからの提案に対して「どれだけ応えてくれるか?」を見ていれば分かります。
ただただ、相手方の提案やプレゼンを聞くレベルでは、家づくりの本当の姿勢は見えてこないので、しっかりと交渉の土俵に立って良い面も悪い面も説明してくれる信用できる方を探していくことで、会社選び=人選びもスムーズに進めることができると思います。

春日井市での注文住宅の家づくりをあせってはいけない。

家づくりをされる多くの方が土地探しから始まるのですが、住宅展示場の営業マンなどと話すとよく急かされるケースがあります。
「良い土地がみつかったから、他に取られる前に早く契約しましょう」「会社の決算なので、今ならお安くできます!」などと言われ、建築会社の確定や設計プランニング、見積もりなどをドタバタと決めるケースがあります。
また、家づくりには引っ越しがつきもの。
ゆえに、子どもの就学/転園の時期に合わせた引っ越しのタイミングなどご家族の都合で、家づくりのアレコレをよく考えず決めていってしまうケースもあります。

これらの「急がなきゃ!」という状況から、家づくりの大失敗が起きてしまいます。。
その失敗は、建築会社さんとの設計プランニングなどが間に合わない → 設計が決まらないので、見積もりが確定しない → 資金計画がぼんやりした状態で家づくり着工する・・こんな流れでいくと、気付いた時には1,000万円の予算オーバーなんてこともあるのです。

家づくりを急ぎたい理由は分かりますが、そのあとの後悔は大きいものです。
何十年と住み続ける住まいだからこそ、理想の家を、想定内のお金で買えるように、きちんとした計画を立てていきましょう。

 

ここ春日井市では、注文住宅なんかの持ち家が年間で1000戸程ある多い地域なので、やはりハウスメーカーや工務店、設計事務所も多いですね!その割に、住宅展示場などのモデルハウスが少ないし、オープンハウスもよく開催している!というイメージはないですね。
のぞっく編集部では、つい先日に子育て情報誌に掲載頂いた子育て世帯のお宅を取材させて頂き、快諾を頂いてましたので今回、のぞっくでも見学ができる注文住宅として、ご紹介させて頂いています♪
こちらのお宅は、設計施工した工務店さんは高気密・高断熱住宅を得意としていて、すごく住み心地のよい住まいでしたね♪
思わず、お宅にオジャマしてすぐ『空気が美味しい!』と言ってしまったぐらいですww

そんな素敵な春日井市にお住いの注文住宅のお宅。ぜひ家づくりのご参考にしてください♪
皆さまの注文住宅の家づくりのお役にたてますように。


―NOZOC編集部―
身近な東海の注文住宅をのぞこう「のぞっく」
~注文住宅に住む家族の暮らしや経験から、間取り・坪単価・建築費用などを参考にしよう~
対象エリア:尾張 | 春日井市 | その他近郊。

■注文住宅の事例一覧はこちら
→→→ 東海の注文住宅:事例一覧へ

■リノベーションの事例一覧はこちら
→→→ 東海のリノベーション:事例一覧へ