江南市に注文住宅を|間取りや収納を活かす=坪単価や費用を安く

こんにちは、江南市の注文住宅の分かりやすい化を目指す!のぞっく編集部ですww

注文住宅などの家づくりを江南市で手掛けている、おしゃれなハウスメーカー・工務店さんへ取材に伺いました。
家づくりに役立ちそうなポイントや工夫、注文住宅の魅力の活かし方などを聞きましたので、その一部をご紹介します♪

江南市の注文住宅の統計/相場

江南市の家づくりの住宅一戸当たり平均値(注文住宅・分譲含む)
・住宅の延べ面積:131.05㎡
・居住室数/間取り:6.13室
・一人当たりの居住畳数:15.3畳
[出典:国交省住宅局(江南市注文住宅からpickup)]

愛知県の家づくりされる住宅は、居住室数:約6部屋、延床面積:約128㎡なので、平均より少し広いぐらいの家づくりの広さです。
あくまで、一つの目安であり相場ですので、理想の暮らしを実現する為に、どれほどの家の大きさ/広さなのかをイメージするのに役立てて頂ければと思います。

江南市は注文住宅などの戸建てが多い街

注文住宅や分譲住宅などの戸建ての割合は、江南市では約24,000戸で64%を占めます。
愛知県の戸建て割合:50.9%、名古屋市の戸建て割合:32.3%なので、戸建ての人気の高さがうかがえますね。
江南市の街並みでは、高層ビルなどの高さのある施設やビルが少なく、閑静な住宅街が多いので日も当たり見晴らしが良いので、注文住宅などの戸建てを建てるには江南市はピッタリな街なのかもしれません♪

居住室数は戸建て当たりお平均が6部屋以上あるので、住み手の子どもやご両親の同居があり、住宅を大きく部屋数も多く確保する必要があるようですね。
そんな江南市の持ち家率は68.4%とこれまた高い数値。
名鉄犬山線などで名古屋へのアクセスも良いのでベッドタウンとしての利用であったり、小牧市や岩倉市などの製造系企業へお勤めされている方の拠点になっているということもあり、戸建ての持ち家人気がありますね。

江南市の注文住宅の建物坪単価/建築費用の相場はいくら?

そもそも、坪単価とは?という話ですが、注文住宅などで建てられる住宅の建築費を坪数で割ったもの。
よく使われる建物坪単価は、[建物の本体価格/延床の坪数]で計算されますが、その解釈は注文住宅を手掛ける建築会社によってバラバラ。当然の事ながら、江南市にも注文住宅を受注できる多くのハウスメーカー/工務店/設計事務所があるので、その比較は難しいものです。
(建築会社の商品シリーズで、坪単価で比較するような場合は、建物坪単価の考え方/基準が一緒なので、比べることはOK!)

例えば、建物坪単価が40万であれば、50坪の建物で2,000万円、60坪の建物で2,400万円、の建築費用が掛かることになります。

そして、建てられる家の大きさによっても、坪単価は大きく変わります。
家の大きさが小さければ小さいほど坪単価は上がり、大きければ大きいほど坪単価は下がる、ということになります。
それは、まっさらな土地に対して、ゼロから家づくりをするということは、多種多様な職人さんがいたり、扱う資材があったりと、多くのモノを纏めていくわけですが、それらは規模が大きければ大きいほど、人件費や建材費、流通コストを抑えることが出来る!ということが理由になります。
江南市では、注文住宅の家づくりにおける一戸当たりの平均延床面積は、131.05㎡。
これは坪数で換算すると40坪ほどなので、坪単価60万であれば住宅の建物建築費用は、約2,400万円が必要になります。
【愛知県の戸建て建築費用の平均坪単価:59.7万円 ※住宅金融公庫の調査データ】
あとは、この建築費用に付帯工事費用と土地代・諸費用を追加すると、注文住宅の家づくりにおける全体の費用が割り出せます。
江南市での土地費用の算出シミュレーションは、また後日、記事としてアップさせて頂きますね。

建物坪単価の表記はバラバラ。
きちんと把握して、価格や費用の割り出しから住宅予算を考えよう。

江南市では多くの家づくりが毎年行われているため、注文住宅の家づくりをする建築会社はかなり多くあります。
そして、建物坪単価に対する考え方は、ハウスメーカー・工務店・設計事務所によっても実は違います。
延べ床面積の坪数で、住宅の本体価格を割ることで計算が出来る建物坪単価ですが、実は、延床面積に施工床面積を使う建築会社も多いのです。
建築基準法でカウントされないバルコニーや吹抜け部分も、延床にカウントしてしまうという方法で、いわゆる施工床面積で建物坪単価を割り出そうというもの。
この建物坪単価の考え方は各社それぞれなので、、江南市での家づくりの時でも前もって確認しながら、建築費用や価格の目安を詳しく聞いていかねばなりません。

また、付帯工事費やサニタリーなどの設備費用も忘れてはいけません。
付帯工事費とは、ライフラインの引き込み工事費用のこと。
水道/電気/ガスなどの生活に必要なインフラ工事ともいえるので、コストカットなんてことは当然できません。
江南市での注文住宅であれば、場所によっては下水処理における浄化槽設置、上水における水圧アップなど、イレギュラーな追加工事費用も発生するやもしれないので、これも土地の確認時にはしっかりと確認をしておく必要があります。
サニタリーなど、キッチンやお風呂場、トイレ、窓など、標準仕様とは違った高い設備を入れていくことで、建物坪単価は高くなり、建築費用もかさみます。
各設備の妥協できないラインや、優先順位など、時間があるときにじっくりと考えておかねば、あとで焦ってしまって「失敗した!」なんてことにならぬようにしなくてはいけません。

注文住宅の段取りをスムーズに。

江南市の注文住宅でも同じことですが、家づくりにおける全体のイメージをつかみ、各ポイントごとで決めておくべきことや確認すべきことをきちんと済ませ、漏れがないように進めていくことが何より大事なことです。
その流れの中で、特に大変といわれる時期は、家づくりを考え始めてから、住宅の建築着工が行われるまでです。
・住宅を建てる土地の決定(土地を所有していない方は土地探しから)

・家づくりの依頼先の決定(ハウスメーカー/工務店/設計事務所など)

・設計プランニングのほとんどを決定

・融資内容や融資依頼先(金融機関)の決定

基礎着工・・といった流れです。
お分かりの通り、住み手となる方の意思決定ありきで進められていく段取りの為、当然のことながら「決めなくては」進みません。
いつまでもダラダラと結論を先延ばしして良いほど甘いものではなく、土地の売買契約の不動産会社・建築依頼先の建築会社・ローンの金融機関など多くの会社と足並みをそろえて進むので、それなりに急かされるものです。
住み手となるお客さまの都合を最優先にすべきだとは思いますが、土地情報も金利状況も刻々と変わることも踏まえて、早く進めていけるように準備しておく必要があるとい思います。
そして、分からないからと言って任せっきりにすることなく、江南市での家づくりを学ぶ姿勢で取り組んだ方が良いです。
依頼した建築会社や担当者に任せておけば大丈夫だろうという気持ちは捨て、高いお金をかけて契約をするんだ!という気持ちを持って、各所各所でGOサインを出していきたいものですね。

自由設計で考えられる収納計画や間取り
江南市で「暮らし」を実現してくれるハウスメーカー/工務店とは

江南市には、注文住宅のお手本となる住宅展示場やモデルハウスがありません。
それに、実際に注文住宅で建築した家主さんのオープンハウスもほとんどない状況です。
そんな実物というお手本が見れない中、頼りになるのは設計士さんのよりイメージさせてくれる力であったり、もしくはその建築会社で建てた家主さんの家を見学させてもらうことだと思います。
(のぞっくでも丹羽郡なご近場で見学の出来る住宅はありますので、ぜひご検討くださいませ♪)

江南市での注文住宅の設計は「広めの部屋数の多い住宅」という特徴があるので、多くのプランが考えられます。
設計プランがたくさん考えられる・・ということは「選択肢が多すぎて迷う」ということを意味します。
そして、この「迷う」は注文住宅の設計プランに迷うこともあれば、注文住宅を手掛けるハウスメーカーや工務店・設計事務所に迷うこともあります。
人生で一番高い買いものであり、そのほとんどの方が初めて。
家づくりに失敗しないように、後悔しないように、するために何をすべきか?

◆家族で家づくりの要望を纏めて、収納や間取りなどの項目に優先順位をつけておくこと。
◆家事のし易い動線や間取りなど、よりリアルなイメージを持っておくこと。
◆キッチン・ダイニング・リビングの関係、子供部屋を与えるタイミングなどの確認をしておくこと。
これらは、必要最低限の確認事項だと思います。

これらの条件整理をした上で、注文住宅を手掛けるハウスメーカーや工務店・設計事務所へ要望を投げることが、大事だと言えます。
その理由は「比較」です。
・提案された注文住宅の設計プランにおいて、暮らしにそった設計プランがきちんと提案をしてくれるかを比べやすくなる。
・注文住宅の坪単価や建築費用などの見積もりが出たときに、家の大きさや間取りが同じようなものであれば、どこがコストパフォーマンスを上げて請け負ってくれるのか比べやすくなるこういったスムーズな注文住宅の進め方になるので、より家づくりが分かりやすくなると思います。

皆さまの注文住宅の家づくりのお役にたてますように。


―NOZOC編集部―
身近な東海の注文住宅をのぞこう「のぞっく」
~注文住宅に住む家族の暮らしや経験から、間取り・坪単価・建築費用などを参考にしよう~
対象エリア:尾張 | 江南市 | その他近郊。

■注文住宅の事例一覧はこちら
→→→ 東海の注文住宅:事例一覧へ

■リノベーションの事例一覧はこちら
→→→ 東海のリノベーション:事例一覧へ