こんにちは!
今回は、一宮市の注文住宅のことや、ローコスト住宅や費用の相場観について、書いてみようと思います。

一宮市での住宅供給は、年間で約1,300戸ほど。注文住宅の家づくりの数としてはかなり多く、愛知県で見ても一宮市の戸建ての建築数は、豊田市/岡崎市/豊橋市と並ぶほど開発が進んでいます。
一宮市で戸建てで持家を持とうとする方がこれだけ多くいらっしゃる中で、その需要にこたえるべく工務店/ハウスメーカーなどの建築会社は数多く存在します。

いったいどこの工務店さんにお願いしたらいいんだろう?と思われる方も多いと思います。
「一宮市 工務店」などで検索すると、多くのランキング情報サイトが並んでおり、人気ランキングや評判や口コミなど、色々な情報を発信されているのを見るかと思います。

しかし、あくまで参考程度に情報収集をすべきだと思います。
ここで大事なことはお客様自身で、建築会社(工務店)を選ぶ目を持つということです。

一宮市の多くの工務店から
自分に一番合った建築会社を選ぶには

実際にお客さまと接客をさせて頂くときに、この意匠性やデザインで考えた場合の「工務店とのミスマッチ」をよく目にします。
例えば、和風や洋風、プロヴァンス風、カフェ風、カリフォルニア風、ロッジ風、箱型の家など、現在の家づくりはデザイン的に数多くの種類がありますし、一宮市で注文住宅を考える場合にも二百社以上あるので、建築会社を「選んでいく作業」がかならず必要になりますね。

これらの家づくりにおけるデザインの要望を、ハウスメーカーや工務店・設計事務所とマッチさせていく為には、まずは、きちんとホームページを見ておくことが大事なことだと言えます。
気になる工務店のウェブサイトを開くと、施工事例がたくさん掲載されているはずです。
これらの施工事例の内装や外観、キッチンやサニタリーの設備面など、理想の家づくりの意匠性に合っているのか?
まずは、この意匠的なところで、ハウスメーカーや工務店、はたまた建築設計事務所の表現力を確認していく・・これで少しは絞れてくるはずです。

また、デザインなどと同じく、お客さまの声も見ておきたいところですね。
家づくりは「暮らしをつくる」ことであり、住み心地が良くなくては意味がありません。
きちんと、お客さまの声に耳を傾け、真摯に家づくりに取り組んでいるのかどうかが見えてくると思います。
ちなみに、きのいえ工務店の 建築事例 & お客さまの声はこちら>>
わたしたちも家主さまと真摯に向き合い、満足度を追求していますので、ご覧いただけたら幸いです。

その他にも、その工務店が考えている「家づくりのポリシー」も確認しておきたいところ。
きちんとした施工や工程の管理、品質の保持をする建築会社は、きちんとした注文住宅の家づくりへの想いを持っていることが多いと感じます。

一宮市で注文住宅を建てる予算ってどれくらい?

一宮市で注文住宅などの家づくりをする方たちの統計データは、国土交通省から定期的に出ています。
ここ数年では、一宮市では132.9㎡。坪数で、約40.3坪ですね。
これは延べ床面積を表しているので、実際に建築される建築面積は前述したとおり、もう少し狭くなります。
建築の規制や法律などがあり、建蔽率や容積率などによって制限されることで、おおよその必要な土地の広さなどが分かります。

例えば、40坪の家を建てようと考えた場合に、坪単価により金額は大きく変わります。

▪建物坪単価60万 × 40坪 = 2,400万
▪建物坪単価70万 × 40坪 = 2,800万
▪建物坪単価80万 × 40坪 = 3,200万
▪建物坪単価90万 × 40坪 = 3,600万

建物坪単価は、予算を決めるひとつの目安ですね。
細かい計算は抜きにして、大まかな予算決めはある程度、事前に必要だと思います。

一宮市でもローコストを取り扱う建築会社はあるので、例えば、坪単価を40万におさえることができた場合には、40万×40坪=1,600万にまで建築費用を落とすことが可能ですね。
ただし、内装や外装の仕上げ材や構造材は、一般的な分譲住宅の仕様と同等のものが多いですし、注文住宅の様な自由設計とは違い、規格的な設計プランニングが多いので、その点は注意が必要です。

そして、土地の予算についてですが。。
一宮市での住宅地の取引価格の相場坪単価は、24.4万です。
例えば、130㎡の建物が欲しければ、住宅の建築面積は80㎡程でしょうか。
建蔽率60%(土地に対する建物面積の割合)だとしてざっくりと135㎡が必要。
135㎡は、約40坪ですね。
ということは、、

▪土地坪単価40万 × 40坪 = 1,600万
▪土地坪単価50万 × 40坪 = 2,000万
▪土地坪単価60万 × 40坪 = 2,400万

これら、住宅建築予算と土地の取得予算に諸費用(+20%程)を足すことで、全体の予算を把握するこが出来るはずです。
全体の予算をしていくことで、段取りの取り方が変わってきますね。

例えば、土地の広さは必ず欲しいから、少し坪単価を抑えれるように土地探しのエリアを少し拡げてみよう。など、お客さまにより考え方は様々。
予算やかける費用によって、段取りが変わることを理解して頂けたら幸いです。

 

工務店の過度な相見積もりは避けるために

家づくりを手掛ける建築会社は、ハウスメーカーでも工務店でも設計事務所でも一宮市にはたくさんあります。
その中で、建築会社からとる家づくりの建物坪単価/建築費用などの参考に見積もりをたくさんとって、いわゆる相見積もりをされる方も意外と多くいらっしゃいますね。

ここでまずお伝えしたいのは、相見積もりをとって建築会社を絞るのではなく、「見積もり前」にある程度絞っておくことが大事だということです。

その建築会社とのフィーリングや意匠性/デザインの好き嫌いもありますが、何より家づくりに対する姿勢、暮らしのニーズに対する真摯なヒアリング力、建築現場の施工・品質管理に対する考えなどをよく確認すること、これらから徐々に絞っていくことです。
これらの感覚は、素人・玄人関係なく、感じ取って判断することであまり間違うことはないと思います。

また、家づくりのお金(坪単価や建築費用)の話になったときに「金額面は何とかします!」「今なら〇万値引きします!」などと価格の競争に乗っかってくるようなら、警戒した方が得策なのでは?と思います。
私自身もたくさんの業界の話を聞ききますが、家づくりの優良な建築会社さんは「価格だけで決めてくるお客様」はお断りしている傾向にあるからです。

それに、あまり価格のことばかりを建築会社に話していると、もしかすると建築現場では手抜き工事に繋がることもありやも知れません。
家づくりをお願いする人、される人には、利益相互の関係があり、お互いの信用信頼関係で築かれるもの。
建物坪単価や建築費用を少しでも値切ろうと、過度な価格競争や相見積もりは避けるようにした方が無難だと思います。

 

 

どんな家を建てたい=どんな暮らしがしたいですか?

ここがすごく肝だと思います。
どんな暮らしがしたいか?によって、ぼんやりと住宅のデザイン/意匠性も見えてくるはずです。

和風や洋風、ナチュラルテイストやヴィンテージ系など。ほんと家づくりの意匠性はさまざまあります。
しかし、オールマイティに全てに満足に応える建築会社はなかなかいないのでは?と思います。
そのデザインに即した建材の発注をするので、得意分野でないと安く仕入れることができないですし、コンスタントに仕入れることで維持された品質の建材が使えることになるし、その職人も施工スキルを維持できるというもの。

なので、接客をさせて頂くときには、まずはしっかりと住み手となるご家族の「暮らしの要望」を表にだすことから始めます。
一度、私と話してみませんか?
きっと、家づくりに対する疑問や不安などいろいろなものが少し解消できると思います。

皆さんの家づくりのお役に立てますように。

 

もし、宜しければ弊社で家づくりをさせて頂いた家主さまの「暮らしの声」をご覧頂けたら幸いです。

>>建築事例 & お客さまの声>>


一宮市注文住宅|工務店人気ランキングの見方
坪単価と費用の相場/一宮市

きのいえ工務店

一級建築士 高橋秀明
[ たかはし設計一級建築士事務所 ]

お金のかかりすぎる自然素材の木の家づくりを見直し、もっと安価に、適正なコストパフォーマンスの家づくりをしていくとともに、きちんとした監理監修をすることで注文住宅のクオリティを上げる提案をします。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください!
TEL:052-325-4467
FAX:052-325-4468

 





・お名前 ※必須

・ご住所 ※必須

・メールアドレス ※必須

・電話番号 ※必須

●連絡方法を選択(複数可)
メール 電話 

●ご要望にチェック(複数可)
資料が欲しい  家を見学したい  話を聞きたい  

●お問い合わせ内容(その他聞きたいこと、相談したいことなど)

【個人情報の取扱いについて】
本フォームからお客様に入力頂いた個人情報は、資料送付・電子メール送信・電話連絡などの目的で利用とし、弊社に限り使用致します。ご本人の同意がない限り、当会社以外の第三者には提供いたしません。