住宅レポ(みよし市の注文住宅へ取材&見学/おススメ)

こんにちは、のぞっく編集部です。

3日前にみよし市にある注文住宅で建てられた家主さんのもとへ取材へ伺いました。
この注文住宅の設計/監修をされたのは清須市の建築家さんで、みよし市で約3年前に建築されたもの。
そんなみよし市の注文住宅のお宅(収納計画などの間取りも必見)の住宅レポートを一部ご紹介♪
(もちろんみよしのお隣の豊田市で注文住宅をお考えの方も!)

初めてお会いした時に、建築家さんが建築設計/監修されている「板倉建築」のことを聞いて驚きました。
板倉建築とは、通常の柱に壁を打ち付けていく工法とは違い、伊勢神宮などの神社を建築したりする工法で、壁や屋根や床を厚板で囲い、木材だけでつくる建築とも言われています。
例えば、基礎コンクリートに立つ柱に溝が掘られており、その溝に壁となる厚板を差し込んで壁を造る・・などして組み立てられていきます。
東日本大震災でも多くの仮設住宅が必要となった時に、板倉構法で応急的に建築されたことで、多くの注目と評価を受けました。

実際には、板倉構法で建築されたみよし市の注文住宅は初めて取材させて頂いたのですが、これがまたすごく素敵な家でした。
木の重厚感と安心感、そして木の香りに包まれた優しい空間には、家におじゃましてすぐ「わぁ、気持ちいい・・」と言ってしまうほどの体感。
失礼ながら、清須市の建築家さんの事務所へ伺った際には、初めて聞くワードばかりで戸惑っていたりイメージが湧かなかったりと、モヤモヤした状態でしたが、体感することで古くからの構法を大切にされている建築家さんの姿勢が素晴らしいものだと痛感しました。

みよし市や東海の注文住宅を手掛ける
ハウスメーカーや工務店を20社以上も回った果てに・・

そして、みよし市の注文住宅の家主さんもすごく気さくでしゃべりやすい方。
家主さんは家づくりを考え始めてから、20社以上のハウスメーカーや工務店、設計事務所さんと話をしたそうで、モデルハウスやOBさん宅の見学なども10棟以上されたそうです。
私の今まで家づくりで携わったお客様の中でも、こんなに家づくりを知っていらっしゃる方はいないだろうな・・と思えるほど、家づくりに詳しく、そして住まいのことを好きでいらっしゃいました。
これはすごく羨ましく、素晴らしいことだと思います。
注文住宅は、したい暮らしやライフスタイルを実現するものであ、その中心にあるのは住み手の想いですもんね。

ハウスメーカーや会社選びはすごく悩んでいたそうですが、こちらの建築家さんと出会ってからは話が早かったのだとか。
それは、実際にOBさんの家を見学して「これだっ!」と思われたのと同時に、素直になんでも話せる頼れる建築家さんだったから!という事でした。
清須市の事務所でもかなり熱く語ってくれる姿勢や、みよし市の注文住宅の家主さんとのすごく良い関係を見ていると、「建築家のあるべき姿だなぁ」としみじみ感じましたね。

これから注文住宅などで家づくりを考えていらっしゃる方は、ぜひ足を運んで見学/体感して頂くと嬉しいですね。
みよし市や豊田市、近辺などで注文住宅をお考えたの方は、住宅展示場やモデルハウス、オープンハウスがなく困ることも多いと思うので、ぜひ参考にして頂けたら幸いです。

これからも、皆さまの家づくりのお役にたてますように。


―NOZOC編集部―
住宅展示場・モデルハウス・オープンハウスではなく、身近な注文住宅をのぞこう「のぞっく」
対象エリア:対象エリア:西三河 | みよし市 | その他近郊。

■注文住宅の事例一覧はこちら
→→→ 東海の注文住宅:事例一覧へ

■リノベーションの事例一覧はこちら
→→→ 東海のリノベーション:事例一覧へ