名古屋市注文住宅|工務店人気ランキングの見方|坪単価と費用の相場?

こんにちは、名古屋市の注文住宅/工務店の分かりやすい化を目指す!のぞっく編集部ですww

名古屋市の注文住宅などの工務店が手掛ける家づくりにおいて、名古屋市でおしゃれな注文住宅を手掛けるハウスメーカー・工務店さんから、注文住宅の家づくりにおける建物坪単価・建築費用などの資金計画のこと、建築会社(ハウスメーカー・工務店・設計事務所)を正しく賢く選ぶ方法や人気のポイントを聞きましたので、その一部をご紹介します♪

名古屋市の注文住宅のポイントと、街の特徴

名古屋市で注文住宅の家づくりを考えている方のほとんどは、土地を所有してない=土地探しから始まる方だそうです。
「広い庭が欲しい!」「車を複数台停めたい!」など、欲しい土地の広さ大きさ、そして使い方もひとぞれぞれ。
ここで、名古屋市で建てられる住宅の統計データを参考に、家づくりの目安にして頂けたらと思います。

名古屋市の家づくりの住宅一戸当たり平均値(注文住宅・分譲含む)
・住宅の延べ面積:113.54㎡
・居住室数:5.37室
・一人当たりの居住畳数:15.24畳
[出典:国交省住宅局(名古屋市注文住宅からpickup)]

愛知県の家づくりされる住宅は、居住室数:約6部屋、延床面積:約128㎡なので、比べると名古屋市の家づくりは少し狭めですね。
最近の注文住宅の家づくりの傾向は、部屋を細かく区切らず、開放感あるつくりにされる方も多く、部屋数を少なく、あとでリノベーションをし易いように考えるご家族が増えていますね♪
あくまで、一つの目安であり相場ですので、理想の暮らしを実現する為に、どれほどの家の大きさ/広さなのかをイメージするのに役立てて頂ければと思います。
注文住宅などの家づくりを名古屋市で考えようと思ったら、知っておきたいその街の特徴。
持ち家を持つということは、その街に何十年と住み続ける話ですから、将来的な長い目で考えてみたいものですね。

名古屋市には、住宅の数は1,097,000戸で、内持ち家は499,000戸程です。
注文住宅などの家づくりが年間4,000戸程行われている街で、供給されている数では三河エリアの豊橋市と豊田市と岡崎市を合わせた供給数と同じ規模ぐらいです。
持ち家を名古屋市に持つ=拠点を構えるということは、その地域に勤め先があり通うのに便利だったり、仕事場へ通い為のベッドタウン的使われ方だったりしますね。
家づくりをそこに構える理由はそれぞれですが、建てる理由があるからこそそれだけ多くの家が供給されている・・それだけ名古屋市が魅力的で便利な街ということなんですね♪

名古屋市で家づくりされる注文住宅の建物坪単価/建築費用の相場は?

そもそも、坪単価とは?という話ですが、注文住宅などで建てられる住宅の建築費を坪数で割ったもの。
よく使われる建物坪単価は、[建物の本体価格/延床の坪数]で計算されますが、その解釈は注文住宅を手掛ける建築会社によってバラバラ。当然の事ながら、名古屋市にも注文住宅を受注できる多くのハウスメーカー/工務店/設計事務所があるので、その比較は難しいものです。
(建築会社の商品シリーズで、坪単価で比較するような場合は、建物坪単価の考え方/基準が一緒なので、比べることはOK!)

例えば、建物坪単価が40万であれば、50坪の建物で2,000万円、60坪の建物で2,400万円、の建築費用が掛かることになります。

そして、建てられる家の大きさによっても、坪単価は大きく変わります。
家の大きさが小さければ小さいほど坪単価は上がり、大きければ大きいほど坪単価は下がる、ということになります。
それは、まっさらな土地に対して、ゼロから家づくりをするということは、多種多様な職人さんがいたり、扱う資材があったりと、多くのモノを纏めていくわけですが、それらは規模が大きければ大きいほど、人件費や建材費、流通コストを抑えることが出来る!ということが理由になります。

名古屋市では、注文住宅の家づくりにおける一戸当たりの平均延床面積は、113.54㎡。
これは坪数で換算すると34坪ほどなので、坪単価60万であれば住宅の建物建築費用は、約2,040万円が必要になります。
【愛知県の戸建て建築費用の平均坪単価:59.7万円 ※住宅金融公庫の調査データ】
あとは、この建築費用に付帯工事費用と土地代・諸費用を追加すると、注文住宅の家づくりにおける全体の費用が割り出せます。
名古屋市での土地費用の算出シミュレーションは、また後日、記事としてアップさせて頂きますね。

 

注文住宅は、やはり家主さんの本音の声【満足度】を聞くべきだ!

今回、伺った工務店さんでも、、まさに家主さんの見学ツアー企画を組みはじめているところでした。
今までもそうですが、家づくりをされるお客様の要望として、実際に注文住宅を建てた家主さんの住宅を見てみたい!や、満足度や本音の声を聞いてみたい!という声が多かったそうなので、考えているとのことでした。

実は、こんな見学ツアーが出来る会社は「少ない」です。
一般的に考えれば、見しらぬ方を家に入れるわけですから、考えようによっては少し不安になる気持ちも分かります。
・・が、それを踏まえても「見学してもイイよ!」とおっしゃってくれる訳ですから、注文住宅の家づくりの満足度が高い証拠でもあるし、ハウスメーカーや工務店、設計士や建築家との関係が良い!という証拠です。
ひとつの建築会社選びの基準にもなると思うので、ぜひ参考にしてください♪

 

注文住宅の家主さん宅を見学することで分かる間取り、収納計画

皆さん、注文住宅の事例を見る時は、家具や日々の暮らしで使う雑貨などは、入っていない状況が多いはずです。
この箱状態の事例を見ても、実際の暮らしをイメージjするのは難しいのです。
実際に、家具や雑貨、日常用品を入れていくと、あら不思議、収納が足らない・・なんてことは多々あります。
それに、、この収納は「こっちにあった方が使いやすいのに・・」など、各ご家庭によって、まったく違うものです。

特に、子育て世代は要注意です。
子どもが小さく、これから成人するまでに、色々な荷物が増えますし、ライフイベントなど収支計画も大きく変わってきます。
今の家具や日常用品だけでなく、これから増えてくるであろう荷物の収納スペースもきちんと考えておく必要があります。
それに、子どもが増えることで必要は部屋数が変わってきたり、一時的な来客用の空間が必要であったり、子どもが成人して家を出た時に部屋の用途が変わったり、と数十年という長いスパンで考えた場合には、住宅の使い方/暮らし方は全く違ってきます。
家の大きさや間取りなどをある程度決めておくことで、注文住宅の坪単価などの費用や予算枠が見えてくるものです。
注文住宅だからこそ出来る、そんな家づくりに出来るように、しっかりと事前の打ち合わせと条件整理が必要ですね。

 

たまにお客様から質問されます
「名古屋市に工務店/ハウスメーカーって、いったい何社あるの?」と。

基本は、注文住宅で家づくりを考えていらっしゃるお客様からの質問なので、どれくらいの勉強をしていらっしゃるかによりますが、ハウスメーカーと言えど、名古屋市だけでも工務店、フランチャイズの工務店、はたまた建築設計事務所など、形態はさまざま。
それに、ハウスメーカーによっては、自社で設計施工をしない会社も意外に多く、大手だからと言ってすべて自社で管理・監修しているとも限らないのです。
よく、下請けや孫請けなどの言葉を聞くと思いますが、これは大手のハウスメーカーなどでは特にあることで、契約をお客様と済ませた後、実際の施工は地場の工務店が請け負うという形もよく有ります。

一般的にある程度の受注があって、調べれば出てくるハウスメーカーや工務店の数は100~150社程です。
すごい数ですよね?お客様は、よく驚かれます。そんなにあったら、選べない・・と。しかし、地場の小規模の建築会社含めるともっと存在ます。
よく見るハウスメーカーは、やはり住宅展示場でみる建築会社ではないでしょうか?
名古屋市には、住宅展示場が4つあり、モデルハウスを出店しているハウスメーカーは数十社ほどあります。
いわゆる大手のハウスメーカーが軒を連ねます。土地の賃料やモデルハウスの建築費などの経費がかかるものなので、資金力のある大手しか出せないという住宅展示場の特徴でもあります。。

では、それらをどうやって選べばよいのでしょう?
これには、色々なコツや私たち独自の見方があるので説明したい所ですが、本音で話過ぎてしまうとそれを良しとしない会社さんもいらっしゃるかも知れないので、記事として掲載は出来ません。
実施するセミナーや個別相談などで、お話が出来たら良いかなといつも考えているところですww

補足:名古屋市や愛知県内で住宅展示場をお探しであれば、こちらをご確認くださいませ。→愛知の住宅展示場・モデルハウス一覧

名古屋市での家づくりに取り入れたいデザインが
工務店・ハウスメーカー・設計事務所とマッチしている?

実際に、多くの家づくりをされる方と話をしますが、この意匠性やデザインで考えた場合の建築会社とのミスマッチをよく目にします。
例えば、和風や洋風、プロヴァンス風、カフェ風、カリフォルニア風、ロッジ風、箱型の家などの現在の家づくりはデザイン的に数多くの種類がありますし、名古屋市で注文住宅を考える場合にも数十社あるので、建築会社を選んでいく作業がかならず必要になりますね。
これらの家づくりにおけるデザインの要望を、ハウスメーカーや工務店・設計事務所と合わせておくために、きちんとホームページを見ておくことが大事なことだと言えます。
〇〇ハウスメーカーなどの建築会社サイトを開いた時に、施工事例がたくさん掲載されているはずです。
これらの施工事例の内装や外観、キッチンやサニタリーの設備面など、理想の家づくりの意匠性に合っているのか?
まずは、この意匠的なところで、ハウスメーカーや工務店、はたまた建築設計事務所の表現力を確認していく・・これで少しは絞れてくるはずです。
また、サイトを閲覧するときには、その建築会社が考えている家づくりのポリシーも確認しておきたいところ。
きちんとした施工や工程の管理、品質の保持をする建築会社は、きちんとした注文住宅の家づくりへの想いを持っていることが多いと感じます。

建築会社を選ぶ目安と、名古屋市の工務店選び

注文住宅の家づくりにおいては、やはり自分(ご家族)自身のある程度の基準をつくっておくことが大事。
例えば、車の買い物において、考えていた予算の範囲内でオーディオやモニター、その他欲しい機能などを満たした車が手に入るのであれば、満足できる買い物になるはずです。
これは、家でも同じことが言えます。
注文住宅の自由設計を活かして、実現した理想の暮らしとはどんなものなのか?
・その理想の暮らしを実現するために、家づくりに欲しい収納や間取りはどんなだろう。
・住みたい家のコンセプトやデザイン、雰囲気のある内装や外観はどんなだろう。
・名古屋市の土地探しに、求める予算や利便性などの条件ってなんだろう。
・お金の心配をしないでいいように、キャッシュフローを踏まえた資金計画に納まる家の坪単価や建築費用は幾らぐらいだろう。

これらの家づくりの基準をしっかりもった上で、ハウスメーカーや工務店、設計事務所を選んでいかないとスムーズにはいきません。
名古屋市で家づくりを通して、数十年と住み続ける拠点であり、建築会社との続く関係だからこそ、ギクシャクしないように段取りをしたいものですね。

名古屋市の工務店・ハウスメーカー・設計事務所を絞り込むとき

注文住宅などの工務店が手掛ける家づくりは、名古屋市で年間で4,000戸ほど建てられています。
名古屋市で持家を持とうとする方がこれだけ多くいらっしゃるので、当然のことながらその需要にこたえるべくハウスメーカーなどの建築会社は数多く存在します。

名古屋市で家づくりを手掛けるハウスメーカー・工務店などの建築会社はたくさんありますが、何を基準に選ぶかは明確にしておくべきです。
現場密着の小さな工務店でも建築現場でいいかげんな建築施工をすることだってありますし、商品を売っているだけという意識の低い大手メーカーのひどいアフターケアだってあります。
当然のことながら、名古屋市で家づくりをする建築会社の、意匠性/デザインが良かったり、機能性・断熱性が優れていたい、実用性が長けていたり、ハウスメーカーや工務店・設計事務所のそれぞれの良い特徴はありますが、基本的な選ぶ基準は「家づくりを考えている(した)人に対して、どんな接し方をするか?」だと思います。
名古屋市のハウスメーカーや工務店でも言えることですが、家づくりの打ち合わせをする初めの方は、やはりどこも親切・丁寧で、気持ちの良い接客をするものです。
一番わかりやすいのは、家づくりをした方との良い関係性を保っているかどうかは、一番みるべき判断基準だと思います。
NOZOCでも、実際に名古屋市で注文住宅を建てた家主さんと、ハウスメーカーや工務店さん、設計事務所さんとの関係を記事にしたり、実際に見学に行ったりできるようにしていますので、建築会社を選ぶ基準などで困ったらぜひご利用くださいね♪

名古屋市で注文住宅を手掛ける建築会社の相見積もり

家づくりを手掛ける建築会社は、ハウスメーカーでも工務店でも設計事務所でも名古屋市にはたくさんあります。
その中で、建築会社からとる家づくりの建物坪単価/建築費用などの参考に見積もりをたくさんとって、いわゆる相見積もりをされる方は多くいらっしゃいます。
ここでまずお伝えしたいのは、相見積もりをとって建築会社を絞るのではなく、見積もり前にある程度絞っておくことが大事だということです。
その建築会社とのフィーリングや意匠性/デザインの好き嫌いもありますが、何より家づくりに対する姿勢、暮らしのニーズに対する真摯なヒアリング力、建築現場の施工・品質管理に対する考えなどをよく確認すること、これらから徐々に絞っていくことです。
これらの感覚は、素人玄人関係なく、感じ取って判断することであまり間違うことはないと思います。

また、家づくりのお金(坪単価や建築費用)の話になったときに「金額面は何とかします!」「今なら〇万値引きします!」などと価格の競争に乗っかってくるようなら、警戒した方が得策なのでは?と思います。
NOZOC編集部では、名古屋市でもたくさんの会社を取材したり話を聞いたりしていますが、家づくりの優良な建築会社さんは「価格だけで決めてくるお客様」はお断りしている傾向にあるからです。
それに、あまり価格のことばかりを建築会社に話していると、もしかすると建築現場では手抜き工事に繋がることもありやも知れません。
家づくりをお願いする人、される人には、利益相互の関係があり、お互いの信用信頼関係で築かれるもの。
建物坪単価や建築費用を少しでも値切ろうと、過度な価格競争や相見積もりは避けるようにしましょう。

これからも名古屋市で注文住宅などの家づくりを手掛けるハウスメーカーや工務店、設計事務所さんに伺って、今後も家づくりを考えられている皆さんが気になるであろう注文住宅の間取りや収納計画・建築費用や坪単価などの事例を、より多く紹介していこうと思います♪

皆さまの注文住宅の家づくりのお役にたてますように。


―NOZOC編集部―
身近な東海の注文住宅をのぞこう「のぞっく」
~注文住宅に住む家族の暮らしや経験から、間取り・坪単価・建築費用などを参考にしよう~
対象エリア:尾張 | 名古屋市 | その他近郊。

■注文住宅の事例一覧はこちら
→→→ 東海の注文住宅:事例一覧へ

■リノベーションの事例一覧はこちら
→→→ 東海のリノベーション:事例一覧へ