名古屋市の家づくりを手掛ける建築家さんに聞いた「良い暮らし」とは?

こんにちは、のぞっく編集部のシゲマツです。

昨日、名古屋市にある設計事務所/建築家さんに色々と話を伺ってきたので、その一部をご紹介します。
こちらの建築家さんの皆さんは、注文住宅の設計においては担当制の形をとらず、常にチームワークでアイディアを出し合いながら、時にはお客さまも含めてディスカッションで設計を進めていくとのこと。
それに、ともに設計士であるご夫婦とのお話でしたので、すごく暖かみのある空間で話すことができました♪

例えば、名古屋市で家づくりを!と誰に相談??

だれにお願いしますか?
ハウスメーカー?工務店?設計事務所?建築家?など、選択肢はさまざま。
ここでは、大別するとハウスメーカー・工務店と、設計事務所・建築家に分けることができます。

名古屋市や他県内でも同様ですが、工務店には一部、設計・施工までやる会社さんがありますが、
基本的な考え方としては、契約までに粗方のプランを作成し、それから間取りや収納計画などの細かい設計を決め、そして注文住宅の建築工事へと移ります。
この工程で考えると、設計を決めてからは基本変更は無しで、あとは実工事を行う下請けの工務店が仕切って工事を進めていくことになりますね。

これでに対して、設計事務所/建築家との家づくりの進め方は、都度、間取りや収納計画などの打ち合わせを行います。
注文住宅の建築工事に着工してからも、より細かい収納計画や家事動線、照明関連のインテリアなどを決めながら進めていくという特徴があり、より柔軟な施工が可能だと言えそうです。

家づくりの間取り/収納計画には、細かい打ち合わせが必要なの?

これは必要ですし、その必要性を家づくりをするお客さんに分かってもらう必要があるとのことです。
注文住宅の家づくりに限らず、例えば車を買う・・ということも同様の考え方です。
スーパーで買い物をするとは違い、生涯で買い物をする回数が少ないものほど「後悔する」ことは多いはず。
車や保険など、高い買いもので失敗した経験はありませんか?

注文住宅の家づくりにおいて、後で後悔しない為に、事前によく考え、より暮らしをイメージしつつ設計をする必要があります。
そして、家づくりを進めていく上で、注文住宅のあれこれを勉強し始めていくと「やっぱりコレが良い!」「いや、コッチに変えたい!」というニーズが出てくるものです。
実は、名古屋市は建築面積が広めで、延床を広めに設計することが多いので、こんなやり取りが多いのだかとかw

それに応えることが出来るのが、建築設計事務所であり建築家さんだということで、そこの魅力や価値を見つけてもらえると有り難いというお話でした。
名古屋市の建築家というだけで、敷居が高そう・・や相手にしてもらえるかな?などの、イメージを持たれているそう。
建築家さんによると思いますが、私は対談をさせて頂く中では、ものすごくアットホームで話がし易く、コストパフォーマンスの面でも引出しが多いので、ハウスメーカー/工務店さんよりもより予算に合わせたアイディアや提案をしてくれそうだという印象をつよく持ちました。
何より、お客様の「暮らし」に寄り添うデザインや設計とはなんぞや?ということに、真摯に向き合っている姿勢が伝わり、すごく気持ちの良いものでした。

今回、対談させて頂いた建築家さんの名古屋のご自宅や家主さんの事例を掲載させて頂くことになりましたので、また、後日アップさせて頂きますので、ぜひ参考にして頂けたら幸いです♪
名古屋市の住宅展示場やモデルハウス、オープンハウスではなく、より等身大に近いリアルな注文住宅事例を掲載して、皆さんの注文住宅などの家づくりのお役にたてるように頑張ります♪


―NOZOC編集部―
身近な東海の注文住宅をのぞこう「のぞっく」
~注文住宅に住む家族の暮らしや経験から、間取り・坪単価・建築費用などを参考にしよう~
対象エリア:尾張 | 名古屋市 | その他近郊。

■注文住宅の事例一覧はこちら
→→→ 東海の注文住宅:事例一覧へ

■リノベーションの事例一覧はこちら
→→→ 東海のリノベーション:事例一覧へ