名古屋市の相場や土地坪単価を調べて、土地探しをしよう

こんにちは、名古屋市の注文住宅の分かりやすい化を目指す!のぞっく編集部ですww

名古屋市の土地探しについて、注文住宅を手掛ける工務店やハウスメーカー・設計事務所から、土地探しや坪単価、名古屋市の相場などの聞きましたので、その一部をご紹介します♪

名古屋市の注文住宅費用から逆算すれば、必要な土地探し(坪単価)が見えてくる

国交省の地価公示統計によると、名古屋市での住宅地の取引相場は、平均で一坪当たり60万円程(坪単価)です。
(ちなみに、隣接する長久手市の坪単価は41万円、あま市の坪単価は25万円)
例えば、建蔽率60%で30坪(100㎡程)の住宅を建てようと考えたら、約50坪ほどが必要となるので・・
60万円 × 50坪 = 3,000万円 が土地の取得費用ということになります。

名古屋市での家づくりにおける土地探しの割合は9割とかなり高め。
場所は限らず名古屋市以外でも同じことが言えますが、まずは土地の相場を知ることがものすごく大事なこと。
土地の相場を調べていくことで、土地の大きさから土地の取得費用を計算し、家づくり全体の住宅予算を考えていきます。
逆算で、欲しい家の大きさ/広さから、必要な土地の広さが分かるので、予算に合わせて坪単価をどれほどに合わせたらよいのか・・などが分かります。
家づくりを初めてされる方にとっては、少しわかりづらいかもしれませんが、慣れると大体の予算計画は立てていけるものです。
想定していた名古屋市での家づくり予算と近い計画になりますか?

名古屋市の土地探しは、名古屋市を良く知る会社にお願いすべき

土地探しの方法はいろいろあります。
・家づくりをお願いする建築会社へ土地探しをお願いする方法:注文住宅を手掛けるハウスメーカーや工務店、設計事務所に、家づくりに合った条件の土地を探してもらうなど、建築会社の担当者に不動産会社との間に入ってもらう方法です。
・不動産会社に、条件を伝えて探してもらう方法:欲しい地域の不動産会社へ直接連絡して、土地の広さや費用などの条件を伝えて依頼をして、条件に合う土地情報をもらうなど、交渉や確認などを直接やる方法です。
・自分で土地情報サイトを閲覧しつつ、良い情報を仕入れる方法:これは、アットホームやホームズ、スーモなど、ポータルサイトを常時見ながら、欲しい地域に良い土地情報が出てこないかを検索する方法です。
これらの中で、私たちは建築会社にお願いする方法が良いと考えています。
なぜか?
それは、家づくりにマッチした土地を見つけてくれるからです。
名古屋市で取引きされる土地の中には、家づくりに向かない土地というものはたくさんあります。
建築基準法や法令などで、そもそも住宅が建てられない(可能性がある)だとか、上水や下水のインフラ整備が進んでいないので設備工事などの追加工事が必要だとか、家づくりにおける不利と思えるような要素が、その土地に含まれているからです。
日当たりの善し悪しや、スーパーやコンビニなどの利便性の良い悪いは、誰にでも判断は出来ますが、その土地の隠れた不安要素は、経験がないとなかなか分からないものです。
「この土地買って大失敗!」なんてことにならないように、家づくりをするハウスメーカーや工務店、設計事務所の担当者に土地の現地を確認してもらい、家づくりにおいての不安要素がないかのチェックをしてもらうことで、失敗を未然に防ぐことが出来るのです。

探したい土地の坪単価/取得費用をきちんと伝えよう

やみくもに土地探しをする方が多くいらっしゃいますが、それで困るのは家づくりをする本人に限った話ではありません。
実際に、その土地探しをする不動産会社の人や建築会社の営業マンも同じこと。
名古屋市での土地探しでもよくあるそうなのですが、何度も条件に合いそうな土地を出すも「なんとなく違う気がする・・」などで、結論が出なかったり、反応が遅かったりして、土地探しをする会社さんもげんなりしてします・・結果、関係がギクシャクして、良い土地情報がもらえなくなる。。なんてことになるそうです。
不動産会社や建築会社と、良い関係を築き、スムーズに良い土地情報を出してもらう為にも、家づくりをするご家族側の考えをより具体的に提示することがすごく大事なことだと言えるのですね。
家づくりは、関係する色々な方の力を合わせて、やっと実現するもの。
お金を払う立場という考え方ではなく、一緒に作り上げていく・・という姿勢で取り組むことで、より良い家づくりが出来るということです。

名古屋市で注文住宅を建てるとき、
土地のこと、家のこと、どちらを先に考える?

名古屋市での家づくりに限らず、たまにあるのが「土地を先に買ってしまう人」です。
なぜ、もう買ったんです?と聞くと、良い土地なんで他の人に買われる前に買う必要があったからです!という答えがだいたい返ってくるもの。
しかし、土地を買ってしまったが為に、次の様なことが起こります。
・土地にお金をかけすぎて、家づくりをするお金がなくなってしまった・・。
・買った土地には、建築法令の制限や条件がたくさんあって、満足な家づくりができなかった・・。
・家のみでの住宅ローンがなかなか組めず、高い金利で住宅ローンを組んでしまった・・。
など、土地の買い急ぎをすることで、色々な不都合が出てくるのです。

そうならない為にも、家づくりをする建築会社選び(ハウスメーカーや工務店、設計事務所など)を早い段階でして、ある程度家づくりの話とともに絞り込んでおくことで、出てきた土地に対する具体的な提案プランを含めて、スピーディーに進めることが出来るのです。
家づくりには、土地探しで半年~2年ぐらい、家づくりの設計では半年~1年ぐらいは最低でもかかってくるので、少なからず1年ほどは余裕をもって、動いていきたいものですね。

名古屋市での土地探しの考え方

土地探しはたしかに難しい・・けども、難しいことを理由に、出たとこ勝負!なんてことを考えてはいけません。
よくあちがちなのは、注文住宅などの設計プランニングがそこそこにして、先に土地を購入するケースですが、この段取りはあまりおススメはしません。
なぜなら、家づくりの予算が大幅に足らなくなるケースに陥るからです。
当然のことながら、土地も大事ですが、実際に住むのは土地ではなく「家」です。
住み手となるご家族にとって、必要な広さの必要な大きさの家でないと、これから先何十年と不自由な想いをすることになります。

ですので、先に土地を購入するのではなく、実現したい「暮らし」に合わせた家づくりをするには、どれほどの大きさ/広さが必要なのかをしっかりと打ち合わせしておくべきです。
そして、その広さの家に必要な土地の広さはどれほどなのか?これらがぼんやりと見えてくれば、家づくりに対する予算と土地探しに対する予算で、ざっくりと費用の計算ができるので、注文住宅取得の全体の予算が見えてくるのです。
これらを、名古屋市での土地探しに合わせていくことで、どれくらいの家と土地なら予算内なのかが分かるので、「気付いたら予算オーバー!」なんてことはなくなるのです。
これからも名古屋市で注文住宅などの家づくりを手掛けるハウスメーカーや工務店、設計事務所さんに伺って、今後も土地探しや家づくりを考えられている皆さんが気になるであろう注文住宅の間取りや収納計画・建築費用や坪単価などの事例を、より多く紹介していこうと思います♪

皆さまの注文住宅の家づくりのお役にたてますように。


―NOZOC編集部―
身近な東海の注文住宅をのぞこう「のぞっく」
~注文住宅に住む家族の暮らしや経験から、間取り・坪単価・建築費用などを参考にしよう~
対象エリア:尾張 | 名古屋市 | その他近郊。

■注文住宅の事例一覧はこちら
→→→ 東海の注文住宅:事例一覧へ

■リノベーションの事例一覧はこちら
→→→ 東海のリノベーション:事例一覧へ