西尾市の注文住宅|坪単価と費用相場|収納を活かした間取りある住宅

こんにちは、西尾市・幸田町・蒲郡市の注文住宅の分かりやすい化を目指す!のぞっく編集部ですww

注文住宅などの家づくりを・幸田町・蒲郡市などで手掛けている、おしゃれなハウスメーカー・工務店さんへ取材に伺いました。
家づくりに役立ちそうな収納計画や間取り、西尾市・幸田町・蒲郡市等の注文住宅の相場や坪単価などの建築費用のことなどを聞きましたので、その一部をご紹介します♪

西尾市の街の特徴と、注文住宅の家づくりの関係

注文住宅などの家づくりを西尾市で考えようと思ったら、まずは知りたいその街の特徴。
持ち家を持つということは、その街に何十年と住み続ける話ですから、将来的な長い目で考えてみたいものですね。

西尾市には、住宅の数は52,420戸で、内持ち家は39,060戸程です。
注文住宅などの家づくりが年間650戸程行われている街で、供給されている数では安城市と同じ規模ぐらいです。
持ち家を西尾市に持つ=拠点を構えるということは、その地域に勤め先があり通うのに便利だったり、仕事場へ通い為のベッドタウン的使われ方だったりしますね。
家づくりをそこに構える理由はそれぞれですが、建てる理由があるからこそそれだけ多くの家が供給されている・・それだけ西尾市が魅力的で便利な街ということなんですね♪

例えば、西尾市・幸田町・蒲郡市などで注文住宅の家づくりを考えている方のほとんどは、土地を所有してない=土地探しから始まる方だそうです。
「広い庭が欲しい!」「車を複数台停めたい!」など、欲しい土地の広さ大きさ、そして使い方もひとぞれぞれ。
ここで、西尾市で建てられる住宅の統計データを参考に、家づくりの目安にして頂けたらと思います。

西尾市の注文住宅一戸当たり平均値(注文住宅・分譲含む)
・住宅の延べ面積:158.5㎡
・居住室数:7.16室
・一人当たりの居住畳数:16.16畳
[出典:国交省住宅局(西尾市注文住宅からpickup)]

西尾市で建てられる住宅の、居住室数は平均7.16部屋、また延床面積は平均158.53㎡です。
驚きませんか?
これだけ部屋数が多く、家が広い・・というのは、愛知県内でも稀です。
最近は、キッチンとリビングを合わせた広い空間を造ったり、キッチンの収納スペースを広げるためにパントリーを造ったり、着替えを兼用としたウォーキングクローゼットを造ったりと収納計画も含めると、家はかなり広くなりがち。
相場で考えると、土地の価格も割安感があるので、広い土地に広い家を建てて、ゆったりとスローライフを楽しみたいというニーズがあるのだと思います。

西尾市の家づくり統計と、注文住宅の坪単価・費用など

ここ西尾市は、平成23年4月に幡豆町・吉良町・一色町と合併して、とても広い市に変わりました。
住宅の総数も6.7万戸程になりましたので、住宅の数で考えると安城市と変わらない程の規模になったと言えます。
その内、持ち家の割合は約75%で4000戸程になるので、愛知県の60%を大きく上回る程の持ち家率の高さになるので、一次産業が盛んで景気が良く、より地元で働く方が多い印象がありますね。

驚くべきは、土地の相場の安さですね。
西三河では、自然溢れる西尾市・幸田町・蒲郡市などの地域を好む方も多く、注文住宅ニーズがあるので今は割安感を感じます。
注文住宅を考える上で、土地の相場が安い=建物費用にお金をかける。という流れが多く、そのせいか、例えばここ西尾市での戸建ての延べ床面積の平均は、約130㎡と愛知県内でもトップクラスの広さです。
また、一住宅当たりの部屋数も6部屋以上と、間取りが多く、収納が広く設計される住宅が多いのも特徴です。
これら、収納計画や間取りなどで、注文住宅の坪単価や建築費用が決まってくるので、これら設計の打ち合わせはすごく重要なポイントになります。

そもそも、坪単価とは?という話ですが、注文住宅などで建てられる住宅の建築費を坪数で割ったもの。
よく使われる建物坪単価は、[建物の本体価格/延床の坪数]で計算されますが、その解釈は注文住宅を手掛ける建築会社によってバラバラ。
当然の事ながら、西尾市にも注文住宅を受注できる多くのハウスメーカー/工務店/設計事務所があるので、その比較は難しいものです。
(建築会社の商品シリーズで、坪単価で比較するような場合は、建物坪単価の考え方/基準が一緒なので、比べることはOK!)

例えば、建物坪単価が40万であれば、50坪の建物で2,000万円、60坪の建物で2,400万円、の建築費用が掛かることになります。
そして、建てられる家の大きさによっても、坪単価は大きく変わります。
家の大きさが小さければ小さいほど坪単価は上がり、大きければ大きいほど坪単価は下がる、ということになります。
それは、まっさらな土地に対して、ゼロから家づくりをするということは、多種多様な職人さんがいたり、扱う資材があったりと、多くのモノを纏めていくわけですが、それらは規模が大きければ大きいほど、人件費や建材費、流通コストを抑えることが出来る!ということが理由になります。

西尾市では、注文住宅の家づくりにおける一戸当たりの平均延床面積は、158.5㎡。
これは坪数で換算すると48坪ほどなので、坪単価60万であれば住宅の建物建築費用は、約2,880万円が必要になります。
【愛知県の戸建て建築費用の平均坪単価:59.7万円 ※住宅金融公庫の調査データ】
あとは、この建築費用に付帯工事費用と土地代・諸費用を追加すると、注文住宅の家づくりにおける全体の費用が割り出せます。
西尾市での土地費用の算出シミュレーションは、また後日、記事としてアップさせて頂きますね。

注文住宅の実物が見れないと、収納や間取り、費用や坪単価は見えてこない!

そんな西尾市・幸田町・蒲郡市などの地域ですが、住宅展示場やモデルハウス、オープンハウスが少ないのがデメリットです。
今あるのは、中京テレビハウジングの西尾市住宅展示場のみで、大手のハウスメーカー/工務店が軒を連ねています。
西尾市では、住宅や土地が相場より広い為、間取りやプラン・収納等の設計がより多く考えられます。
住宅展示場やモデルハウス、オープンハウスなどでは、間取りの多い二世帯住宅やかなり広め(収納の容量の大きい)の注文住宅の家が多い為、一般的な注文住宅の坪単価の相場の費用とは、かけ離れている面が否定できません。
広い土地や住宅だからこそ、多くのプランや設計・間取り・収納計画が考えられるので、理想の家のイメージや実現したい暮らしをより現実的に考えていくことが大事だと言えます。

西尾市の家づくりのカギは、収納計画と間取りの考え方=条件整理

条件整理とは、家づくりをする建築会社との交渉の前に、家族間で、前もって計画を練ったり打ち合わせをしておくことを意味しています。
西尾市・幸田町・蒲郡市などの注文住宅の家づくりに限らず、どこでも当てはまる内容だと思いますが、なにごとも「段取り」よく進めていこうという意味です。

事前整理をすると、どんなメリットがある?
ずばり「比べやすく」「見やすく」することです。
例えば、西尾市・幸田町・蒲郡市などで注文住宅で家を建てたいという想いに対して、西尾市の家づくりに得意な建築会社(ハウスメーカー、工務店、設計事務所など)が色々なプランや間取りを提案します。
その提案された各会社を比較検討するときには、大きく3つの面で見極めていくことになります。
予算/資金(土地探し)計画、建物の建築費用/坪単価、間取り・設計プラン/提案力 です。
これらを、事前整理せず想いをぶつけることで、各建築会社の提案プランに共通項がなく、「比べるのが難しい!」となるのです。
そうならない為にも、最低限、下記の内容は事前に決めておこうと私たちはアドバイスさせて頂くことが多くあります。
西尾市の注文住宅ならばなおのこと、ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

・その間取りで何十年と使えるのか:

今建てられる住宅の寿命は、百年!なんて言われたりします。
家づくりをされるのは、就学前のお子さんを抱えた世帯がかなりの割合を占めます。
そのお子さんが自立・独立するのが、約20年後。そして、お父さん・お母さんの健康年齢(身体を自由に動かせる一般的な年齢)までの20年、こういった節目のライフイベントで住まい/間取りの使い方は大きく変わります。
住まいを主に誰が使うのか?によっても、生活の場が1階から2階に移ったりもしますし、身体の自由さによってはバリアフリーで動ける範囲の改装をいれたりもします。
家は一生で一番高い買いものだという認識で、ここ百年をイメージした間取りで考えていくことで、より暮らしに寄り添った間取りや設計プランニングが出来るはずです。

・間取りに収納計画と家族のコミュニケーションを反映させる:

注文住宅の最大の魅力はなんといって「自由設計」です。
日々、行き来するキッチン~サニタリー~物干し場~収納/クローゼット。
この家事動線が短くなることで、家事は驚くほど時短になり、また明かり設計で明るくすることで、驚くほど家事が楽しくなったりします。
キッチンを開放的につくって、リビングとダイニングの距離が近くなることで、家族の会話は増え、コミュニケーションが増え、家族円満の良い暮らしに繋がるもです。
特に、子育ての面では、子どもと親の接触回数を住まいの中で増やしていくことで、子どもの精神的な支えは自己形成などが円滑に出来るという統計もあるほど、子育てと住まいの設計は密接な関係にあります。
住まいでやるべき大きなポイントは、やはり家事と子育て。
家事がし易く、子育てがし易い間取りの家。これが、子育て世帯にとっては一番良いことだと思います。
一生に一度の、理想の暮らしを実現する為の大イベントです。妥協せず、進めていきたいとものですね。

家づくりの後悔は、西尾市の注文住宅の家づくりを知らないから

私たちNOZOCでは、セミナーや個別相談、取材などで、数多くの家主さんの声や注文住宅を手掛けるハウスメーカーや工務店さんの声を聞きます。
そこでは、理想の暮らしが実現できた!という風なポジティブな話ばかりではありません。
逆に、「キッチンをもっと広くしたかった・・」「サニタリーをもっと使いやすくしたかった・・」「あの建築会社にお願いしたかった・・」などネガティブな不満の声も多く聞きます。
建てる前に相談したかった・・、家づくりをする建築会社がたくさんあることを知っておけば・・といういわゆる後悔の声です。

その家づくりの後悔の原因の多くは、情報不足からきています。
一般的に、家づくりを考える時には、住宅展示場やモデルハウスへ見学に行き、営業マンや設計士さんから家づくりに関して教えてもらい、話を進めていきます。
その教えてくれる住宅業界側の方が、全員、本当にお客さまのことを考えたアドバイスをしてくれるのか?疑問があります。
注文住宅を西尾市で考える場合でも同様に、事前にその地域の住宅市場に合った正しい情報やデータを集めていくことで、西尾市の家づくりの失敗やトラブルを防ぐことができるのだと考えています。

西尾市の土地相場が上昇?

西尾市の人口は約16万8千人。53000戸程の世帯があります。
吉良町、一色町、幡豆町が合併され、自然溢れる広大な土地を持つ街になりました。
広大な土地で自然溢れる街だからこそ、西尾市で取引された注文住宅などの土地(住宅地)の平均は、坪当たり22万程度で、かなり割安感がありますね。
少しづつ開発も入っているので、利便性の高まりととともにスローライフを楽しむ方に人気の街になりそうな雰囲気があります♪

注文住宅の収納計画の手本になるものは?

やはり、等身大に近い注文住宅の家主さんの家を見学することだと思います。
自動車と同様、生涯で数少ない買いものだからこそ、後悔することも多いのが注文住宅という買い物なのです。
のぞっくでも、西尾市で見学可能な注文住宅の家主さん宅があるので、ご活用頂けたら嬉しいです。

ここ西尾市・幸田町・蒲郡市などの住宅展示場やモデルハウス・オープンハウスなどを使いたい注文住宅をお考えの方は、ぜひ、掲載している注文住宅の事例を見学したり、資料請求などしたり、活用頂けたら幸いです。
西尾市での注文住宅などの家づくりをスムーズに進める為の「事前にしっかり考えておくこと」に関しては、追って別記事で書かせて頂きます。

皆さまの注文住宅の家づくりのお役にたてますように。


―NOZOC編集部―
身近な東海の注文住宅をのぞこう「のぞっく」
~注文住宅に住む家族の暮らしや経験から、間取り・坪単価・建築費用などを参考にしよう~
対象エリア:西三河 | 西尾市・幸田町・蒲郡市 | その他近郊。

■見学ができる=注文住宅の事例一覧はこちら
→→→ 東海の注文住宅:事例一覧へ

■見学ができる=リノベーションの事例一覧はこちら
→→→ 東海のリノベーション:事例一覧へ