日進市|旗竿地・狭小地の設計・間取りとは?

旗竿地や狭小地で建てる日進市の注文住宅

日進市の旗竿地や狭小地での家づくりにおける間取りの設計を考えてみよう

こんにちは、日進市の旗在地・狭小地|注文住宅の分かりやすい化を目指す!のぞっく編集部ですww

今回、日進市にて新築の注文住宅を多く手掛けている、工務店さんに話を伺いました。
旗竿地や狭小地に建てる家づくりについて聞きましたので、その一部をご紹介♪

旗竿敷地とは竿の様な変形地のこと

竿の様な路地だけで前面道路に接していて、旗の部分は敷地の奥に位置するような土地のことです。
こうした敷地では、周りに住宅が建て込んでいる場合も多くあります。
その為、日当たりや視線のコントロールをするために、間取りはよく考えておかねばなりません。

例えば、敷地の北側に緑地がある場合などは、北側に大きめの開口のある窓を配置して、リビングでの空間を楽しむ・・などのプランも考えられます。
リビングを北側にもってくると、日当たりの面でリビングが暗くなりがちなので、南側を吹き抜けにして天窓から光を取り入れる方法であったりと、設計プランニングの方法によっては、旗竿地で北側にリビングを配置しても、十分な心地よい空間はできることになります。
住空間の心地よさは、やはり光と風です。
風通しが良く、日の光が入れば、住み心地の良さは十分に確保はできるはずです。
狭小地でも広がりある空間を考えよう

敷地が狭くても、間取りの工夫次第で、拡がりある空間をつくることができます。
狭小地であれば、奥行きがつくりづらく、目の前の通行人とも距離がちかいことも多く、閉鎖的に空間になりやすい。
例えば、一般的な間取り構成である1階リビングを2階に持ってくることで、目の前の障害物がなければ窓などの開口によって、視線が広がるので解放された空間になります。
また、2階の天井を高めにとったり、ロフトや3階に渡って吹抜けの様な空間をつくることで、さらに広く開放感のあるリビングを実現することだってできます。

リビングを2階に持っていくことで、1階には寝室を配置してより静かな落ち着く空間を意識して間取りを組むことで、住宅内のメリハリがついてより暮らしやすい住空間になります。

日進市でも旗竿地や狭小地に悩まれる方は多くいらっしゃるそうですが、考え方次第で大きく変わるでしょうし、また同じような土地のカタチに注文住宅などの自由設計で家づくりをされた方の話を聞いたり、見学に行くことで、また変わってくると思います。

皆さまの注文住宅の家づくりのお役にたてますように。


日進市|旗竿地・狭小地の設計・間取りとは?
対象エリア:尾張 | 日進市 | その他近郊。

―NOZOC編集部―
身近な東海の注文住宅をのぞこう「のぞっく」

■注文住宅の事例一覧はこちら
→→→ 東海の注文住宅:事例一覧へ

■リノベーションの事例一覧はこちら
→→→ 東海のリノベーション:事例一覧へ