日進市で注文住宅|収納を活かす自由設計とは?

日進市に注文住宅なら、収納を活かした自由設計で臨みましょう

こんにちは、日進市の注文住宅|収納・自由設計の分かりやすい化を目指す!のぞっく編集部ですww

注文住宅などの家づくりを日進市で手掛けている、おしゃれな工務店さんへ取材に伺いました。
家づくりに役立ちそうなコツや工夫、注文住宅の収納の活かした自由設計のポイントなどを聞きましたので、その一部をご紹介します♪

日進市の街の特徴と、家づくりの関係

注文住宅などの家づくりを日進市で考えようと思ったら、まずは知りたいその街の特徴。
持ち家を持つということは、その街に何十年と住み続ける話ですから、将来的な長い目で考えてみたいものですね。

日進市には、住宅の数は36,300戸で、内持ち家は23,400戸程です。
注文住宅などの家づくりが年間350戸程行われている街で、供給されている数では瀬戸市と同じ規模ぐらいです。
持ち家を日進市に持つ=拠点を構えるということは、その地域に勤め先があり通うのに便利だったり、仕事場へ通い為のベッドタウン的使われ方だったりしますね。
家づくりをそこに構える理由はそれぞれですが、建てる理由があるからこそそれだけ多くの家が供給されている・・それだけ日進市が魅力的で便利な街ということなんですね♪

例えば、日進市で注文住宅の家づくりを考えている方のほとんどは、土地を所有してない=土地探しから始まる方だそうです。
「広い庭が欲しい!」「車を複数台停めたい!」など、欲しい土地の広さ大きさ、そして使い方もひとぞれぞれ。
ここで、日進市で建てられる住宅の統計データを参考に、家づくりの目安にして頂けたらと思います。

日進市の家づくりの住宅一戸当たり平均値(注文住宅・分譲含む)
・住宅の延べ面積:129.2㎡
・居住室数:5.75室
・一人当たりの居住畳数:16.09畳
[出典:国交省住宅局(日進市注文住宅からpickup)]

愛知県の家づくりされる住宅は、居住室数:約6部屋、延床面積:約128㎡なので、日進市の注文住宅の広さは平均的と言えます。
最近の注文住宅の家づくりの傾向は、部屋を細かく区切らず、一つ一つの収納も広めで、開放感あるつくりにされる方も多く、部屋数を少なく、あとでリノベーションをし易いように考えるご家族が増えていますね♪
あくまで、一つの目安であり相場ですので、理想の暮らしを実現する為に、どれほどの家の大きさ/広さなのか、どれくらいの収納が必要なのかをイメージするのに役立てて頂ければと思います。

収納と間取りで決まる。日進市での暮らし満足度

家づくりにおいて、収納と間取りを考えることが自由設計の醍醐味であり、最大の魅力であり難所でもあります。
理想の暮らしを実現したい!という気持ちはよく分かりますが、それをきちんと把握・理解しているのは本人だけ・・という前提で、建築会社の担当者と話した方が良いかと思います。
例えば、日進市に賃貸で住んでいた・・ということであれば、その賃貸で住んでいた頃の住まいの不満や課題はなかったでしょうか。
「キッチンはもっと開放感ある方が、家族とコミュニケーションが取れて楽しいな」「サニタリーが暗くて閉鎖的な雰囲気、ジメジメした感じが嫌だった」「収納の場所が使いづらくて大変だったな」など、まずは理想よりも現実的に避けたい間取りや収納計画から、考えていくことも良いかも知れません。

また今使っている家具や設備をまた、新しい住まいでも使うケースは意外に多いと思います。
そんな時は、寸法を測っておき、ぼんやりと必要な間口や広さを把握しておくことで、設計プランがスムーズにいきます。
寝室に使っていたベッドがダブルベッドだったから、これぐらいの間取りが良い!などをあぶりだしていくことです。
コンセントなどの電気関連も付随するので、配線などのプランニングもくっつけて考えると、住み始めての配線の悩みも解消できるはずです。

家づくりの後悔は、日進市の注文住宅の家づくりを知らないから

私たちNOZOCでは、セミナーや個別相談、取材などで、数多くの家主さんの声や注文住宅を手掛けるハウスメーカーや工務店さんの声を聞きます。
そこでは、理想の暮らしが実現できた!という風なポジティブな話ばかりではありません。
逆に、「キッチンをもっと広くしたかった・・」「サニタリーをもっと使いやすくしたかった・・」「もっと収納が欲しかった・・」「あの建築会社にお願いしたかった・・」などネガティブな不満の声も多く聞きます。
建てる前に相談したかった・・、家づくりをする建築会社がたくさんあることを知っておけば・・といういわゆる後悔の声です。

その家づくりの後悔の原因の多くは、情報不足からきています。
一般的に、家づくりを考える時には、住宅展示場やモデルハウスへ見学に行き、営業マンや設計士さんから家づくりに関して教えてもらい、話を進めていきます。
その教えてくれる住宅業界側の方が、全員、本当にお客さまのことを考えたアドバイスをしてくれるのか?疑問があります。注文住宅を日進市で考える場合でも同様に、事前にその地域の住宅市場に合った正しい情報やデータを集めていくことで、日進市の家づくりの失敗やトラブルを防ぐことができるのだと考えています。

計画的に、日進市の注文住宅の自由設計を活かしていこう

日進市で注文住宅を考える方のほとんどが土地探しから始まります。
この土地探しと家づくりの段取りを間違えてしまうと、理想の家づくりが出来ないということになります。
しかし、日進市で注文住宅を建てようと土地探しをしようとするも、なかなかスムーズに良い土地が出てくるとは思えません。
(日進市での家づくりにおける土地探しの工夫/アイデアについては、記事で後日アップさせて頂きます。)
では、時間のかかる土地探しと、家づくりをお願いする建築会社探し(ハウスメーカー・工務店・設計事務所など)はどちらから行うべきでしょう?
正解は、日進市で自由設計の家づくりを手掛ける建築会社探しです。
家づくりをする土地を探すのであれば、当然のことながら、家づくりを想定した土地探しをしなければいけません。
家づくりを想定する=想定外の費用がかからないようにすることです。

例えば、耐震補強のために地盤の改良にお金がかかったり、下水本管の埋設がない為浄化槽の設置が必要になったり、買った土地に撤去が必要な埋設物があったりと・・家づくりとは別で数百万の費用が掛かってしまう・・なんてことはザラにあります。
日進市で注文住宅の家づくりをした実績が多くあるハウスメーカーや工務店の話から情報収集をしてみたり、行政の統計資料を閲覧してみたりと、日進市の家づくりにおける大事な情報収集ができるようになります。
日進市に限った話ではありませんが、家づくりを計画的にすすめる為に、自由設計を踏まえた段取りは大事な家づくりの準備だと言えるのです。

日進市は注文住宅の「自由設計を活かしやすい」街

日進市は、土地が安い割に豊田市や名古屋市とのアクセスが良いという事もあって、注文住宅などの家づくりをされる方にとっては人気の街になりつつあります。
土地の安さは、賃料の安さでもあるので、アパレルや雑貨関連などのおしゃれなテナントさんも進出しやすく、ひとつひとつのお店が広くゆったりとしたスペースを提供しているので、居心地が良い/雰囲気が良いお店が多いので、住みやすい街だなーと改めて実感しますね。

そんな日進市では、開発も進んでいて、大きな国道が整備されてからは、道沿いにお店や施設が建ち並び始め、新しい借り手や買い手が多いせいか、全体的におしゃれに纏まっている感じがありますね。
それに、マンションやビルなどの高層な建物が少ないので、見晴らしが良く、注文住宅などの家づくりをされる方にとって日進市は「暮らしやすい」というイメージが持ちやすいはずですね。

見晴らしが良い=建物が映えやすい。ですよね。
注文住宅の魅力はやはり自由設計であり、分譲住宅などとは違った“個性ある”家づくりが楽しめます。
しかし、住宅の建つ場所によっては奥まった場所に建ったり、建物の陰になったりと、景観が楽しめない・・ということも多くあります。
そういった面で、隣地との距離や街の雰囲気を踏まえて、注文住宅などの家づくりの最大の武器である“自由”なプランニングが魅せれる場所ですね。

注文住宅の自由設計プランニング
日進市できちんと実現してくれる工務店とは

これは、注文住宅を考えられる方は、皆さん、悩まれるところです。
「私たちの暮らしを、実現してくれる会社はどこだろう?」
私自身も、注文住宅で家づくりを考えられる方のご相談にのらせて頂くことも多々ありますが、やっぱり皆さんこれで悩んでいらっしゃいますね。

◆少しテイストが違うかな・・
◆あまり話がかみ合わないな・・
◆坪単価や建築費用が高すぎる・・
など、それぞれのハウスメーカーや工務店・設計事務所へ持つ印象は違うもの。
それに、イメージに合った建築会社だ!と思っても、実際に建築施工が手抜きだったり適当だったりして、不満を持つことだってたくさんあります。
それぞれのハウスメーカーさんや工務店さん、設計事務所さんは、全く特徴が違います。
細かい部分はここでは割愛しますが「暮らしを実現する」という面では、大きく変わってきます。

例えば、設計士さんの存在です。
お医者さんと同様の考え方をされたりしますが、建築家さんや設計士さんは設計歴や経験によって、レベルが全然違います。
注文住宅の家づくりにおいて、お客さんの要望を受けたら・・
ただただ、デスクで設計図面ばかり書いて営業部門に渡して調整や折衝を託す設計士。
お客さんとの折衝に顔を出し、要望を聞き取って図面を仕上げた後、あとは施工にバトンタッチする設計士。
建築途中でも、お客さんと何度もイメージの確認をし、都度、設計図面の見直しと建築現場の監修に入る設計士。
それぞれです。
そして、そんなハウスメーカーや工務店の設計士にお願いするお客さんも様々。
注文住宅の家づくりの考えがあまり纏まっていない状況で建築会社を探す方や、事前に家づくりの要望を纏めた上で各建築会社と折衝する方、家づくりを進めるにあたって色々な方がいらっしゃいますね。

皆さまの注文住宅の家づくりのお役にたてますように。


対象エリア:尾張 | 日進市 | その他近郊。
日進市で注文住宅|収納を活かす自由設計とは?

―NOZOC編集部―
身近な東海の注文住宅を見学しよう「のぞっく」

■注文住宅の事例一覧はこちら
→→→ 東海の注文住宅:事例一覧へ

■リノベーションの事例一覧はこちら
→→→ 東海のリノベーション:事例一覧へ