住宅レポ(愛知県丹羽郡の注文住宅へ取材/住宅展示場/オープンハウス)

こんにちわ、のぞっく編集部のシゲマツです。
昨日、取材させて頂きました愛知県丹羽郡の注文住宅として家づくりをされたK様のお宅へ取材でお伺いしました!

愛知県丹羽郡のK様の注文住宅は、まさに新築として住み始めて1カ月程のお宅。
庭の工事はまだ途中でしたが、引っ越しも無事終わり住み始めているということで、取材♪
家事の動線や収納、子育ての環境にこだわったお宅で、家づくりをされる方必見ということで、先に一部をご紹介♪

 

土注文住宅でせっかく建てるなら、信用・信頼できる建築会社にお願いしたい。

家主のKさんですが、注文住宅で家づくりをしようと考え始め、ネットで検索した工務店やハウスメーカーをフラフラ。
4.5社程のハウスメーカー・工務店の営業の方と話をするも、なにがなんだか・・皆さん、良いことしか言わないし、何だか信用できなさそう。
愛知県内の住宅展示場のモデルハウスを見るも、いまいちピンとこない。
そんな時、探し始めてすぐに出会った建築家さんの話を思い出し、改めて聞いてみたいと申し出。
板倉構法という木の家づくりがあることを知り、木の家づくりで実際に建てた家主さん宅に幾つか見学・体感して「これだっ!」と即決。
それから、板倉構法で建てられた木の家の宿泊体験に行き、実際に使う国産の木材の材料選びと、トントンと進めていったそう。

木の家づくりがどんなものか知らない内は、注文住宅の見た目やデザイン、間取りなどの意匠性で選んでいました。
その見た目が、板倉構法の木の家づくりの別荘テイストなところが気に入り、それだけでない収納の配置や間取り、家事動線なんかのお手本になる家主さんの家が見学できたので、イメージし易く、進めていった感じですね。

注文住宅でわがままを言えば、建築費用や坪単価がどんどん上がる・・
でも、収納や間取りの工夫次第で、想定内の予算で理想の戸建てが出来た。

ネットで検索して、フラフラと注文住宅を手掛ける工務店やハウスメーカーを探しては、話を聞いていた頃。
実際に、設計プランや見積もりを出してもらうと驚きの連続でした。
設計プランでもなかなか暮らしのイメージが伝わっていなかったし、金額も想定した予算を大きく上回る建築費用・・。
そんな中で、私たちのしたい家の要望を細かく聞いてくれたし、なにより色々な提案をしてくれる建築家さんが「頼れる」のが大きかった。

私たち家族が考えたのは、とにかく家事の時短が出来るような収納や動線、間取りにしたかったこと。
例えば、一般的に流行っているウォーキングクローゼットなどは、奥行きがあり過ぎて使いづらいし、暗く、行きにくいイメージ。
それを打開できる間取りや収納計画が作れないかな・・と悩んでいました。

そこで提案してもらったのは、リビング~サニタリーへの動線に沿うように、両サイドに収納を設置することでした。
家事の中心になるのは、当然、私自身なので、ハンガーパイプの位置も調整してもらい、収納するものとパイプにかけるものを区別していくことで、洗濯の取り込みや仕分けがすごく楽になりました♪

それに、この収納の動線は、リビング~キッチン~サニタリーと8文字に回遊できるようになっているので、家族が外からの帰宅時にスムーズに着替えることが出来るし、お風呂などもすぐに下着を取り出したりすることが出来ます。
そして、この動線は、リビングや玄関との間に、光を通すようなスライド建具をつけてもらったので、暗くならず、来客時の目隠しもきちんとできる優れもの♪
家事の時短が出来たことは、家づくりにおける一番の満足ポイントですね♪

今回、取材させて頂いた愛知県丹羽郡の注文住宅ですが、取材中も「使いやすい!」の連発。
実際に住んでいらっしゃる方も素敵なご家族で、こんな家づくりが増えたら良いな・・と素直に思いました♪

愛知県の丹羽郡や周辺の江南市や岩倉市、小牧市、一宮市などで注文住宅の家づくりをお考えの方は、住宅展示場やモデルハウス、オープンハウスなど相場に合った注文住宅事例を見学する機会も少ないと思うので、ぜひ見学や満足度の声を聞きに足を運んで話を聞いてみてはいかがでしょう?
注文住宅で家づくりをされる皆さんのお役にたてますように。


―NOZOC編集部―
身近な東海の注文住宅をのぞこう「のぞっく」
~注文住宅に住む家族の暮らしや経験から、間取り・坪単価・建築費用などを参考にしよう~
対象エリア:尾張 | 丹羽郡 | その他近郊。

■注文住宅の事例一覧はこちら
→→→ 東海の注文住宅:事例一覧へ

■リノベーションの事例一覧はこちら
→→→ 東海のリノベーション:事例一覧へ