住宅レポ(大府市の平屋建て注文住宅へ取材/住宅展示場/オープンハウス)

こんにちは。NOZOC編集部です。
本日は、大府市の平屋注文住宅として建築されたI様のお宅に取材で伺いました!

大府市のI様の注文住宅は、築2年の平屋建ての様な外観の2階建て注文住宅です。
ご夫婦の趣味であるアウトドアが楽しめる家であったり、高齢になっても住みやすい・使いやすい家にしたいと考えられた家づくり。
そんな注文住宅の家づくりの収納や間取りの工夫を一部ご紹介します♪

 

平屋の様な暮らし方が出来る間取りにしたかった

以前住んでいた家の収納や間取りがすごく使いずらくて・・、妻として家の家事や子育てがすごくしづらかった。
それを解消したくて、色々な工務店やハウスメーカーさんと話をしました。・・が、イメージがなかなかわかなくて。
大府市の住宅展示場や近くの東海市や刈谷市などのオープンハウスへ行くも、私たちが想像していた暮らしとは少し違っていました。

私たちがイメージしていた暮らしは、「趣味を楽しめる家にしたい」「平屋建てのような家で、子どもの自立後でも夫婦で暮らしやすい家にしたい」という想いがありました。
ログハウスや別荘の様なテイストの工務店・ハウスメーカーはあったものの、イメージが違ったり、注文住宅の坪単価や建築費用が合わなかったりと、なかなか話が進まない状況もありました。

そんな中で、平屋建てのテイストに近く、暮らしやすい家づくりを提案してくれた建築家さんと話ができ、国産の木で造る家づくりの魅力や、板倉造りという構法で建てられる木の家づくりが良いと考え始めました。
そして、実際に木の家づくりをされた家主さんの話を伺って「こういう暮らしがしたかった!」というイメージに近い木の家づくりを見学できたので、そこからは話はすごくスムーズでしたね。

家づくりばかりを考えていて、土地探しが後回しになっていたので、もっと早く動いていれば良かったなとも思いましたね。
平屋建てで注文住宅を建てる場合の坪単価や建築費用はそれなりですので、土地費用を含めた資金計画はなかなか出来ておらず・・。
全体の住宅予算をあらかた決めておいて、家の大きさや暮らしをイメージすることもすごく大事なことなんだと分かりました。

 

老後に住みやすい平屋建ての間取りや設計って、どんなだろう?

こどもの自立後の夫婦の暮らしをより良いものにするために、平屋建ての様な木の家づくりをしたい!という想いはあったものの、具体的なイメージはあまりありませんでした。
何となくマンションのイメージをしていたぐらいですから。笑

大府市の注文住宅を調べてみる

「使いやすいウォーキングクローゼットが欲しい」
「玄関を広くしたい」
「家事の時短が出来るような間取り/設計にしてほしい」
「生活の主な場を1階に出来るように、収納を造ってほしい」
などなど、想いはあってもそれが実現できるのかな?という疑問でした。

そんな中、実際に平屋のような木の家づくりをされたお宅を見学した時に、「あーこうすれば良いんだ!」と納得することばかり。
イメージしていた暮らしの要望のほとんどを消化できた気持ちで、すごく安心したのを覚えています。
それに、夫のアウトドアの趣味もあるので、それを保管できるストレージも住宅の壁にシャッターインするのも見栄えも良くて、使いやすいなと。
その代わり、キッチンのスペースを少し削ったりはしましたけどね。

私たちは、大府市での注文住宅の家づくりでしたが、どこで建てても同じような想いを持たれている方は多いのだろうなと思います。
色々と教えてくれる頼れる工務店やハウスメーカー、建築家さんに出会えると良いですね♪

・・今回、大府市の平屋建ての木の家づくりをされた注文住宅をお宅をご紹介させて頂きました。
大府市や、隣接する東海市・刈谷市・豊明市などで注文住宅の家づくりをお考えの方は、住宅展示場やモデルハウス、オープンハウスなど相場に合った注文住宅事例を見学する機会も少ないと思うので、ぜひ見学や満足度の声を聞きに足を運んで話を聞いてみてはいかがでしょう?

注文住宅で家づくりをされる皆さんのお役にたてますように。


―のぞっく編集部 シゲマツ―
住宅展示場・モデルハウス・オープンハウスではなく、身近な注文住宅をのぞこう「のぞっく」
対象エリア:西三河 | 大府市 | その他近郊。

■注文住宅の事例一覧はこちら
→→→ 東海の注文住宅:事例一覧へ

■リノベーションの事例一覧はこちら
→→→ 東海のリノベーション:事例一覧へ