長久手市|資金計画と注文住宅|費用と予算のバランス?

こんにちは、長久手市の注文住宅の分かりやすい化を目指す!のぞっく編集部ですww

記事:長久手市|資金計画と注文住宅|費用と予算のバランス?

注文住宅などの家づくりを長久手市で手掛けている、おしゃれなハウスメーカー・工務店さんへ取材に伺いました。
家づくりに役立ちそうな費用と予算のバランスのコツ、注文住宅の資金計画のことなどを聞きましたので、その一部をご紹介します♪

注文住宅の全体の流れをつかもう

長久手市の注文住宅でも同じことですが、家づくりにおける全体のイメージをつかみ、各ポイントごとで決めておくべきことや確認すべきことをきちんと済ませ、漏れがないように進めていくことが何より大事なことです。
その流れの中で、特に大変といわれる時期は、家づくりを考え始めてから、住宅の建築着工が行われるまでです。
・住宅を建てる土地の決定(土地を所有していない方は土地探しから)

・注文住宅家づくりの依頼先の決定(ハウスメーカー/工務店/設計事務所など)

・間取り/収納計画など設計プランをほぼ決定(建物予算/建築費用の割り出し)

・融資内容や融資依頼先(金融機関)の決定

基礎着工・・といった流れです。
お分かりの通り、住み手となる方の意思決定ありきで進められていく段取りの為、当然のことながら「決めなくては」進みません。
いつまでもダラダラと結論を先延ばしして良いほど甘いものではなく、土地の売買契約の不動産会社・建築依頼先の建築会社・ローンの金融機関など多くの会社と足並みをそろえて進むので、それなりに急かされるものです。
住み手となるお客さまの都合を最優先にすべきだとは思いますが、土地情報も金利状況も刻々と変わることも踏まえて、早く進めていけるように準備しておく必要があるとい思います。
そして、分からないからと言って任せっきりにすることなく、長久手市での家づくりを学ぶ姿勢で取り組んだ方が良いです。
依頼した工務店やハウスメーカーの担当者に任せておけば大丈夫だろうという気持ちは捨て、高い建築費用をかけて契約をするんだ!という気持ちを持って、各所各所でGOサインを出していきたいものですね。

長久手市での家づくりと、注文住宅の統計/相場

長久手市で注文住宅の家づくりを考えている方のほとんどは、土地を所有してない=土地探しから始まる方だそうです。
「広い庭が欲しい!」「車を複数台停めたい!」など、欲しい土地の広さ大きさ、そして使い方もひとぞれぞれ。
ここで、長久手市で建てられる住宅の統計データを参考に、家づくりの目安にして頂けたらと思います。

長久手市の注文住宅一戸当たり平均値(分譲含む)
・住宅の延べ面積:124.08㎡
・居住室数:5.53室
・一人当たりの居住畳数:14.9畳
[出典:国交省住宅局(長久手市注文住宅からpickup)]

愛知県の家づくりされる住宅は、居住室数:約6部屋、延床面積:約128㎡なので、平均的な間取りや広さだということが分かります。
あくまで、一つの目安であり相場ですので、理想の暮らしを実現する為に、どれほどの家の大きさ/広さなのかをイメージするのに役立てて頂ければと思います。

注文住宅などの家づくりを長久手市で考えようと思ったら、知っておきたいのは長久手市という街の特徴。
持ち家を持つということは、その街に何十年と住み続ける話ですから、将来的な長い目で考えてみたいものですね。
長久手市には、住宅の数は21,610戸で、内持ち家は21,700戸程です。
注文住宅などの家づくりが年間150戸程行われている街で、供給されている数ではみよし市と同じ規模ぐらいです。
持ち家を長久手市に持つ=拠点を構えるということは、その地域に勤め先があり通うのに便利だったり、仕事場へ通い為のベッドタウン的使われ方だったりしますね。
家づくりをそこに構える理由はそれぞれですが、建てる理由があるからこそそれだけ多くの家が供給されている・・それだけ長久手市が魅力的で便利な街ということなんですね♪

長久手市の注文住宅の費用と予算の相場はいくら?/資金計画

そもそも、坪単価とは?という話ですが、注文住宅などで建てられる住宅の建築費用を坪数で割ったもの。
よく使われる建物坪単価は、[建物の本体価格/延床の坪数]で計算されますが、その解釈は注文住宅を手掛ける建築会社によってバラバラ。当然の事ながら、長久手市にも注文住宅を受注できる多くのハウスメーカー/工務店/設計事務所があるので、その比較は難しいものです。
(建築会社の商品シリーズで、坪単価で比較するような場合は、建物坪単価の考え方/基準が一緒なので、比べることはOK!)

例えば、建物坪単価が40万であれば、50坪の建物で2,000万円、60坪の建物で2,400万円、の建築費用が掛かることになります。

そして、建てられる家の大きさによっても、坪単価は大きく変わります。
家の大きさが小さければ小さいほど坪単価は上がり、大きければ大きいほど坪単価は下がる、ということになります。
それは、まっさらな土地に対して、ゼロから家づくりをするということは、多種多様な職人さんがいたり、扱う資材があったりと、多くのモノを纏めていくわけですが、それらは規模が大きければ大きいほど、人件費や建材費、流通コストを抑えることが出来る!ということが理由になります。
長久手市では、注文住宅の家づくりにおける一戸当たりの平均延床面積は、124.08㎡。
これは坪数で換算すると38坪ほどなので、坪単価60万であれば住宅の建物建築費用は、約2,280万円が必要になります。
【愛知県の戸建て建築費用の平均坪単価:59.7万円 ※住宅金融公庫の調査データ】
あとは、この建築費用に付帯工事費用と土地代・諸費用を追加すると、注文住宅の家づくりにおける全体の費用や予算が割り出せるので、資金計画がみえてきます。

長久手市の注文住宅では、時間のかかる段取りを先に

長久手市で注文住宅を考える方のほとんどが土地探しから始まります。
この土地探しと家づくりの段取りを間違えてしまうと、理想の家づくりが出来ないということになります。
しかし、長久手市で注文住宅を建てようと土地探しをしようとするも、なかなかスムーズに良い土地が出てくるとは思えません。
(長久手市での家づくりにおける土地探しの工夫/アイデアについては、記事で後日アップさせて頂きます。)

では、時間のかかる土地探しと、家づくりをお願いする建築会社探し(ハウスメーカー・工務店・設計事務所など)はどちらから行うべきでしょう?
正解は、長久手市で家づくりを手掛ける建築会社探しです。
家づくりをする土地を探すのであれば、当然のことながら、家づくりを想定した土地探しをしなければいけません。
家づくりを想定する=想定外の費用がかからないようにすることです。
例えば、耐震補強のために地盤の改良にお金がかかったり、下水本管の埋設がない為浄化槽の設置が必要になったり、買った土地に撤去が必要な埋設物があったりと・・家づくりとは別で数百万の費用が掛かってしまう・・なんてことはザラにあります。
長久手市で注文住宅の家づくりをした実績が多くあるハウスメーカーや工務店の話から情報収集をしてみたり、行政の統計資料を閲覧してみたりと、長久手市の家づくりにおける大事な情報収集ができるようになります。
長久手市に限った話ではありませんが、家づくりを計画的にすすめる為に、段取りは大事な家づくりの準備だと言えるのです。

長久手市でも建てられ始めたスマートハウスの注文住宅

ここでいうスマートとは、SMART=賢いという意味で、電気ガスなどの家庭内のエネルギーの消費を、IT技術を使ってマネジメントすることを指します。
これは、環境保全の意味合いで、エネルギー消費による二酸化炭素の排出の抑制や、家庭内でかかる光熱費の削減が期待されているので、注文住宅の業界でも前向きに取り組まれています。
それに、東日本大震災以降の電力不足の面でも、社会的な節電意識の高まりによって、自然と上手く付き合うという要素が強いことからスマートハウスへの興味・関心も高まっていますよね。
当然のことながら、長久手市で注文住宅を手掛けるハウスメーカーや工務店さんでも、スマートハウスの取り組みが増えてきています。
家づくりの具体的なこととして、高断熱・高気密、高効率給湯器、省エネ仕様家電・照明、太陽光発電、家庭用燃料電池、蓄電池・・といったところです。
これからの注文住宅の家づくりは、エネルギーをただ消費するだけでなく、「創って、使う」という考え方に大きくシフトチェンジしていますね。
家づくりをする姿勢として、取り組むべき内容が多いので、長久手市で家づくりを手掛ける建築会社さんの姿勢を確認する意味合いで、確認していくと良いかも知れませんね。
長久手市での注文住宅などの家づくりをスムーズに進める為の「事前にしっかり考えておくこと」に関しては、追って別記事で書かせて頂きます。

皆さまの注文住宅の家づくりのお役にたてますように。


―NOZOC編集部―
身近な東海の注文住宅をのぞこう「のぞっく」
記事:長久手市|資金計画と注文住宅|費用と予算のバランス?
対象エリア:尾張 | 長久手市 | その他近郊。

■注文住宅の事例一覧はこちら
→→→ 東海の注文住宅:事例一覧へ

■リノベーションの事例一覧はこちら
→→→ 東海のリノベーション:事例一覧へ