尾張旭市|費用と予算|注文住宅の資金計画とは?

こんにちは、尾張旭市の注文住宅の分かりやすい化を目指す!のぞっく編集部ですww

尾張旭市|費用と予算|注文住宅の資金計画とは?

尾張旭市にて注文住宅で家づくりをされた家主さんのお宅へ先日取材へ伺いました。
家主さんの家づくりにおける苦労話や注文住宅の坪単価や建築費用などの予算についての資金計画のことなどを伺いましたので、その一部をご紹介したいと思います。

尾張旭市の統計データ/費用と予算を踏まえた注文住宅の資金計画

尾張旭市で注文住宅の家づくりを考えている方のほとんどは、土地を所有してない=土地探しから始まる方だそうです。
「広い庭が欲しい!」「車を複数台停めたい!」など、欲しい土地の広さ大きさ、そして使い方もひとぞれぞれ。
ここで、尾張旭市で建てられる住宅の統計データを参考に、家づくりの目安にして頂けたらと思います。

尾張旭市の家づくりの住宅一戸当たり平均値(注文住宅・分譲含む)
・住宅の延べ面積:121.81㎡
・居住室数:5.47室
・一人当たりの居住畳数:14.88畳
[出典:国交省住宅局(尾張旭市注文住宅からpickup)]

愛知県の家づくりされる住宅は、居住室数:約6部屋、延床面積:約128㎡なので、比べると尾張旭市の家づくりの方が小さめということが分かります。
最近の注文住宅の家づくりの傾向は、部屋を細かく区切らず、開放感あるつくりにされる方も多く、部屋数を少なく、あとでリノベーションをし易いように考えるご家族が増えていますね♪
あくまで、一つの目安であり相場ですので、理想の暮らしを実現する為に、どれほどの家の大きさ/広さなのかをイメージするのに役立てて頂ければと思います。

土地も家も広くなりがちなゆえ
注文住宅の坪単価や建築費用をきちんと予算の想定内に

尾張旭市でもどこでも同じですが、家が広ければ広いほど建築費用が上がります。
(※同じ構造で同じ建材を使っても、狭い家と広い家の坪単価は一緒になりません。)
注文住宅の予算を把握する上で住宅の坪単価や建築費用をある程度計算していかねばなりません。
土地が広ければ、その分の造成工事や外構工事などの追加費用も想定より大きくなることもありますし、家が広ければ色々な設計プランは試せますが、中庭を造るなど家の形によってはかなり高額になるケースもあります。

では、注文住宅の予算/資金計画をどうやって決めていこう?となります。
尾張旭市には住宅展示場やモデルハウスがなく、オープンハウスなどのイベントの機会もすごく少ない地域です。
モデルハウスなどの実物を見る機会が少なく、イメージが湧いていない状態で建築会社を訪ねる方も少なくないのでは?

ここでのポイントは、事前の「家族間の打ち合わせ」です。
◆そもそもどんなデザイン(意匠性)の家にしたいのか?
◆将来的に住み手が何人で、何部屋が必要なのか?
◆生活の主な場をどこに置きたいのか?
◆ビリングダイニングの関係や子供部屋・寝室の位置関係は?
これらの項目など、少なからず最低限の打ち合わせは済ませておくべきです。

なぜか?
例えば尾張旭市で注文住宅を建てられた家主さんは、4社のハウスメーカーや工務店、設計事務所で悩んでいたそうです。
色々な家づくりのお客さんはいらっしゃいますが、だいたい2~4社程で迷われている方が多いですね。
それらのハウスメーカーや工務店、設計事務所のそれぞれがだす設計プランや見積もりが、てんでバラバラの場合には、いわゆる「比較」がしにくい傾向にあります。
「私たち家族の暮らしや想いを実現してくれる建築会社はどこだろう?」と思ったら、より良い設計プランを提案してくれた建築会社にお願いするべきでしょうし、よりコストパフォーマンスを上げて提示をしてくれる方が、やはり嬉しいはずです。

尾張旭市だけでも注文住宅を手掛けるハウスメーカーや工務店、設計事務所はたくさんあります。
尾張旭市で建築施工可能な会社で考えると、50-100社ほどはあるかと思います。
その中で、きちんとマッチしたハウスメーカー・工務店・設計事務所の方に会うには、それなりに準備しておくことが大事だと言えますね。

注文住宅の建物坪単価を左右するもの/資金計画の考え方

ハウスメーカーや工務店が提示している建物坪単価になにが含まれているか?をチェックしましょう。
なかなか分かりづらい部分ではありますが、尾張旭市の注文住宅でも同様に「本体工事費」に含まれる項目は統一されているものではありません。
家づくりにおけるエアコンや照明のグレード、床暖房の有無、キッチンや収納などの造り付けの家具・・など、これら家づくりにおけるオプション的な設備や施工/工事を含むか含まないかの違いで、注文住宅の建物坪単価は大きく変わります。
また、注文住宅の坪単価は仕様や設備などが同じでも、下記内容などによっても大きく変わります。

・延べ床面積の大小:間取りや各部屋の空間、キッチンや浴室などのサニタリー設備を小さくしたからと言って、建物の坪単価が安くなるわけでなく、小さくコンパクトな家にすればするほど住宅の坪単価は高くなります。
・1階2階の床面積の違い:四角のシンプルな外観の住宅などと比べて、1階2階で床面積が違って見た目が変形していたりすると、その部分の基礎や屋根、壁材や建材などが多く必要になるので、コストが上がり建物坪単価が上がります。
・住宅の形:住宅に出っ張りなどがあったり、中庭をつくり囲むように建物を設計したりすると、イレギュラーな施工が必要であったり、より多くの部材/建材が必要となるので、コストがかさみ建物坪単価が上がります。
尾張旭市での家づくりにおいて、外観などの見た目にこだわりがなければ、極力シンプルに、且つ、理想の暮らしを形にすべく設計プランニングをすることで、よりコストパフォーマンスを上げた家づくりが出来ていくのだと思います。

今回の話は以上です。
これからも尾張旭市で注文住宅を建てるハウスメーカーや工務店、設計事務所さんに伺って、今後も家づくりを考えられている皆さんが気になるであろう注文住宅の費用と予算を踏まえた注文住宅の資金計画などの事例を、より多く紹介していこうと思います♪

皆さまの注文住宅の家づくりのお役にたてますように。


―NOZOC編集部―
身近な東海の注文住宅をのぞこう「のぞっく」
記事:尾張旭市|費用と予算|注文住宅の資金計画とは?
対象エリア:尾張 | 尾張旭市 | その他近郊。

■注文住宅の事例一覧はこちら
→→→ 東海の注文住宅:事例一覧へ

■リノベーションの事例一覧はこちら
→→→ 東海のリノベーション:事例一覧へ