東海|家づくりの成功/失敗・後悔は、始めの一歩で決まる

こんにちは、東海の注文住宅の分かりやすい化を目指す!のぞっく編集部ですww

注文住宅などの家づくりを東海で手掛けている、おしゃれなハウスメーカー・工務店さんへ取材に伺いました。
家づくりに役立ちそうなポイントや工夫、注文住宅の魅力の活かし方などを聞きましたので、その一部をご紹介します♪

突然ですが、家づくりを始めようという皆さん、しっかりと『暮らしのイメージ』は出来ていますか?
「シンプルで落ち着いた雰囲気のリビングで、家族や友達と楽しくお喋りしたい!」と、思わず私の理想を書いてみましたが、これがいわゆる「暮らしのイメージ」というもの。
なんだ、そんなことか!と思われるかもしれませんが、実はとても大切なことなんですよ!
ここ東海でも注文住宅を建てて「理想の家になった!」「思い通りにいかなかった・・」と色んな感想を持たれていますが、これは前もって暮らしのイメージを具体的に持っていたかどうかによるものだと思います。
一生に一度、いや二度。大切なお金と時間を使って建てる注文住宅であれば、しっかりと始めの一歩からよく考え、満足のいく家づくりをスタートさせていきましょう!

暮らしのイメージってなに?

実はこの『暮らしのイメージ』が前もってしっかりと固まっていないと、住宅の引き渡し後に「こんなはずじゃなかった」と後悔/失敗する可能性がぐっと上がります。

皆さんはどんな家で生活したいですか?
ご家族でどんな暮らしをしたいですか?

「どんな家と言われても…。特にコレだ!というイメージはないかも…」。とこんな感じでイメージがはっきりせずに進めていくと、あれよあれよという間に家が出来上がり、取り返しのつかないことに!
自分たちはどんな暮らしがしたいのか、はっきり決めることできっと「こんなはずじゃなかった」と思わなくなるはです。

注文住宅業界の半分は、遅れた体質をもっている

注文住宅の最大の魅力は自由設計であり、ゼロから家づくりを組み立てるようなものなので、当たり前のように「家づくりの失敗・後悔」があります。
東海での注文住宅の家づくりでも同様に「建築会社が倒産した!」「約束を守ってくれなかった!」「態度が急変した!」など、契約している相手としてあってはならない様なことになってしまうことがあります。
これらは、いまだに注文住宅業界が遅れた体質を持っているから・・という考え方ができます。
家づくりの建築現場では、昭和の時代から大工さんや職人さんの格好(見た目)はあまり変わらないですし、注文住宅のお客さんとの距離感もあるままです。
そして、注文住宅の設計士の図面と、現場職人の家づくりの完成品との違いがいまだにあり、建築現場でよく使われる「納める」(なんとかする)なんて言葉がいまだ使われているほど・・家づくりにおける品質管理や工程管理などが重要視される中で、現場職人さんの「納めてやっているんだ」という立場でいて、この逆転した関係にいまだに違和感を感じさるを得ません。

東海の家づくりを手掛ける注文住宅メーカーさんはたくさんありますが、本当に良い建築会社さんを選ぶ時には一つの目安になると思います。
家づくりをする建築現場の職人さんまで、きちんと「お客さまから仕事を頂いている」という感謝の気持ちを持って、家づくりの品質維持に努めている建築会社ほど安心して良い契約が出来ていると感じます。
一生で一番高い買いものを託す相手だからこそ、しっかりと選び、良い関係を築いていける方・会社と出会いたいものですね。

後悔・失敗をしないために、東海の家づくりを知るべき

私たちNOZOCでは、セミナーや個別相談、取材などで、数多くの家主さんの声や注文住宅を手掛けるハウスメーカーや工務店さんの声を聞きます。
そこでは、理想の暮らしが実現できた!という風なポジティブな話ばかりではありません。
逆に、「キッチンをもっと広くしたかった・・」「サニタリーをもっと使いやすくしたかった・・」「あの建築会社にお願いしたかった・・」などネガティブな不満の声も多く聞きます。
建てる前に相談したかった・・、家づくりをする建築会社がたくさんあることを知っておけば・・といういわゆる後悔の声です。

その家づくりの後悔の原因の多くは、情報不足からきています。
一般的に、家づくりを考える時には、住宅展示場やモデルハウスへ見学に行き、営業マンや設計士さんから家づくりに関して教えてもらい、話を進めていきます。
その教えてくれる住宅業界側の方が、全員、本当にお客さまのことを考えたアドバイスをしてくれるのか?疑問があります。注文住宅を東海で考える場合でも同様に、事前にその地域の住宅市場に合った正しい情報やデータを集めていくことで、東海の家づくりの失敗やトラブルを防ぐことができるのだと考えています。

東海の注文住宅の家づくりの進め方

東海で注文住宅を考える方のほとんどが土地探しから始まります。
この土地探しと家づくりの段取りを間違えてしまうと、理想の家づくりが出来ないということになります。
しかし、東海で注文住宅を建てようと土地探しをしようとするも、なかなかスムーズに良い土地が出てくるとは思えません。
(東海での家づくりにおける土地探しの工夫/アイデアについては、記事で後日アップさせて頂きます。)

では、時間のかかる土地探しと、家づくりをお願いする建築会社探し(ハウスメーカー・工務店・設計事務所など)はどちらから行うべきでしょう?
正解は、東海で家づくりを手掛ける建築会社探しです。
家づくりをする土地を探すのであれば、当然のことながら、家づくりを想定した土地探しをしなければいけません。
家づくりを想定する=想定外の費用がかからないようにすることです。
例えば、耐震補強のために地盤の改良にお金がかかったり、下水本管の埋設がない為浄化槽の設置が必要になったり、買った土地に撤去が必要な埋設物があったりと・・家づくりとは別で数百万の費用が掛かってしまう・・なんてことはザラにあります。
東海で注文住宅の家づくりをした実績が多くあるハウスメーカーや工務店の話から情報収集をしてみたり、行政の統計資料を閲覧してみたりと、東海の家づくりにおける大事な情報収集ができるようになります。
東海に限った話ではありませんが、家づくりを計画的にすすめる為に、段取りは大事な家づくりの準備だと言えるのです。

 

どうやったら自分の欲しい家がわかるの?

先ほど、暮らしのイメージの大切さをお伝えしましたが、具体的にどうやったら『自分たちがどんな家づくりがしたいのか』知れるのでしょうか。

東海地域であれば、例えば、住宅雑誌やインターネットなどを開いて、好きなイメージ・デザインを一つのノートやファイルに集めて『暮らしのイメージBOOK』を作ってみてください。
別に家でなくても、カフェや雑貨屋さんなどのお店でも構いません。とにかく自分がこんな家に住みたい!と思うものなら何でも良いのです。
しばらくすると、好きな雰囲気の画像がたくさん集まってくるかと思います。

その集まった写真を キッチン、リビング、外観、寝室とグループ分けをします。そして、好きな理由や書いてみましょう。
その写真を見て「どうして気に入ったのか?」「ここでどんなことがしたいのか?」想像しながら書くと夢が広がり楽しくなってきます。
そうすることで、自分たちがどんな家づくりがしたいのか、形となって見えてくるのです。
その『暮らしのイメージBOOK』を工務店に持って行けば、打ち合わせも時間をかけずスムーズに済み、自分のイメージを簡単に伝えることが出来ます!
すごく気に入ったものには「★★★」少し雰囲気が好きな場合は「★★」など、印を付けておくと、とてもよく伝わり、より夢が叶いやすくなるので便利です♪

家づくりは家を建てるのが目的ではなく、家族のために始めるものです。
家族が幸せになる夢を叶えようとして家づくりを始めると、なんとなくで始めるよりも必ず楽しくなるはずですよ。

東海での注文住宅などの家づくりをスムーズに進める為の「事前にしっかり考えておくこと」に関しては、追って別記事で書かせて頂きます。

皆さまの注文住宅の家づくりのお役にたてますように。


―NOZOC編集部―
身近な東海の注文住宅をのぞこう「のぞっく」
~注文住宅に住む家族の暮らしや経験から、間取り・坪単価・建築費用などを参考にしよう~
対象エリア:東海 | その他近郊。

■注文住宅の事例一覧はこちら
→→→ 東海の注文住宅:事例一覧へ

■リノベーションの事例一覧はこちら
→→→ 東海のリノベーション:事例一覧へ