セミナーレポ(整理収納アドバイザーの効率的な間取り/東海市注文住宅/工務店)

こんにちは、東海市の注文住宅の分かりやすい化を目指す!のぞっく編集部ですww
本日は、東海市で自然素材の注文住宅を手掛ける工務店さんのセミナーに参加させて頂きました♪

自然素材の注文住宅を手掛けるのは、当然、住み手の化学物質の健康被害に配慮したものであり、健やかで暮らしやすい住空間を提供していきたいという会社の姿勢です。
今回、そんな工務店さんが名古屋で人気の整理収納アドバイザーを迎えて、整理収納を踏まえた理想の間取り/設計とはどんなものなのか?のセミナーを開催されるということで、すごく面白く価値あるものだな♪と思い、参加させて頂きました。
そんな工務店さんの主催のセミナーを一部ご紹介したいと思います。

東海市の芸術文化センターのキッズルームで行われた工務店主催の整理収納セミナー。
今回は、東海市の自然素材の注文住宅を手掛ける工務店さんと、名古屋で活躍されている整理収納アドバイザーさんとのコラボでした♪
家づくりには欠かせない収納や間取りの設計において、整理収納アドバイザーの視点から考える収納/設計とはどんなものなのか?
より具体的な視点でセミナーをして頂けたので、私自身「これは面白い♪」と感じましたね!

 

注文住宅の最大の魅力=自由設計。東海市の工務店が
実現したい暮らしには「収納/間取り」との深い関係がある。

今回、セミナー講師としていらした整理収納アドバイザーさんは「禅に学ぶ台所しごと」という本を出版していらっしゃいます。
整理収納アドバイザーの視点を「禅のこころ」で解くという切り口はすごく面白いですね♪
ゴチャゴチャした荷物を整理することは、「断捨離」で使わないものは捨てるということであったり、「ミニマリスト」でそもそもモノを極端に持たない・・など、整理収納をする上で持つべき考えは人ぞれぞれ。
しかし、整理収納の概念や心持ち、姿勢など、精神的な軸を「禅」に置き換えると、スッと附におちる感覚があります。

豊かになりすぎた現代において、自分自身に必要なモノとは何なのか?
生活を共に家族にとって、モノを大事に扱うことはきちんと整理することから始まるのではないか?
色々な自問自答をすることで、モノを持つ、モノを整理する、モノを大事に扱うなどの気持ちが深くなっていくのでしょうね。

家づくりにおいて、整理収納はすごく大事なキーワードだと言えますね。
のぞっく編集部として、色々な注文住宅で建てられたお宅を取材させて頂いていますが、家主さんの満足の声は「暮らしやすさ」に集中しています。
家主さんのほとんどが子育て世代であり、ライフスタイルがどんどんと変わる年代だと言えます。
家の使い方が変わる中で、いかに暮らしやすい、使いやすい家にするか?
それは、やはり「収納/間取り」が答えになります。

そんな整理収納術の観点から、実際に東海市の工務店が建てた注文住宅の事例を用いて、こんなところに収納があるとこんな面で便利ですよね!や、ここにこんな収納ツールを使うとすごく便利!など、具体的なイメージも湧いて分かりやすかったですし、注文住宅の自由設計と整理収納術は、それぞれが求める暮らしの価値観によって、全く違うものなんだなと改めて感じましたね。

意外に多い。注文住宅の間取り失敗談と後悔の声。

・・がしかし、その満足を得ていない注文住宅(自由設計)の家主さんって意外に多いのが現実なんですね。
「サニタリーはこっちにあれば良かったな・・」
「ここに大きな収納があれば良かったな・・」
「洗濯干し場はこっちじゃダメだった・・」
「キッチンはもっと開放感が欲しかった・・」

東海市の注文住宅を知ろう注文住宅で家を建てる以上は、自由設計の魅力をきちんと活かすべき!
それが活かしきれていないのは、注文住宅で家を建てる意味を失ってしまっているようなもの。
今一度、整理収納の観点から、注文住宅の自由設計を生かした設計プランニングを考えてほしいものだなと思います。

東海市での注文住宅などの家づくりは、年間で約300戸ほど。
(隣接する大府市や知多市などの注文住宅も、同様の規模)
例えば東海市/大府市/知多市の注文住宅の延床面積は、100㎡前後なので広めの家づくりになります。
広い家だからこそ、設計プランニングの方法や種類は数多くあるので、やはり整理収納をきっちり考えておくことで、より住みやすい・暮らしやすい注文住宅の家づくりが出来ることになります。

注文住宅を手掛ける建築会社は、ハウスメーカーに工務店に設計事務所に建築家に・・色々とあり、設計プランニングの考えもバラバラです。
暮らしの価値観にあった方と、綿密に打ち合わせ/話し合いをすることで初めて「満足する」家に出会えます。
皆さんの理想の暮らしを手に入れることが出来るように、いろいろな家づくりの考え方に触れることが出来ると良いですね♪

間取りで決まる。東海市の工務店がつくる暮らし満足度

家づくりにおいて、間取りを考えることが最大の魅力であり、難所でもあります。
理想の暮らしを実現したい!という気持ちはよく分かりますが、それをきちんと把握・理解しているのは本人だけ・・という前提で、建築会社の担当者と話した方が良いかと思います。
例えば、東海市に賃貸で住んでいた・・ということであれば、その賃貸で住んでいた頃の住まいの不満や課題はなかったでしょうか。
「キッチンはもっと開放感ある方が、家族とコミュニケーションが取れて楽しいな」「サニタリーが暗くて閉鎖的な雰囲気、ジメジメした感じが嫌だった」など、まずは理想よりも現実的に避けたい間取りや空間から、考えていくことも良いかも知れません。

また今使っている家具や設備をまた、新しい住まいでも使うケースは意外に多いと思います。
そんな時は、寸法を測っておき、ぼんやりと必要な間口や広さを把握しておくことで、設計プランがスムーズにいきます。
寝室に使っていたベッドがダブルベッドだったから、これぐらいの間取りが良い!などをあぶりだしていくことです。
コンセントなどの電気関連も付随するので、配線などのプランニングもくっつけて考えると、住み始めての配線の悩みも解消できるはずです。

 

東海市などで注文住宅の家づくりをお考えの方は、住宅展示場やモデルハウス、オープンハウスなど相場に合った注文住宅事例を見学する機会も少ないと思うので、ぜひ工務店が行う面白いセミナーや見学、満足度の声を聞きに足を運んで話を聞いてみてはいかがでしょう?
注文住宅で家づくりをされる皆さんのお役にたてますように。


―NOZOC編集部―
身近な東海の注文住宅をのぞこう「のぞっく」
~注文住宅に住む家族の暮らしや経験から、間取り・坪単価・建築費用などを参考にしよう~
工務店のセミナーレポ/対象エリア:尾張 | 東海市 | その他近郊。

■注文住宅の事例一覧はこちら
→→→ 東海の注文住宅:事例一覧へ

■リノベーションの事例一覧はこちら
→→→ 東海のリノベーション:事例一覧へ