豊田市の住宅展示場にあるモデルハウス、ホントの使い方とは?

こんにちは、豊田市・岡崎市・安城市の注文住宅の分かりやすい化を目指す!のぞっく編集部ですww

注文住宅で家づくりをされる方の95%は、家づくりの情報収集に「住宅展示場やモデルハウス、オープンハウス」を利用されるそうです。
しかし、極端に広い家だったり、家具や設備などの仕様が高い住宅だったり、二世帯住宅だったりと、現実離れした家を見学してもあまりリアルに想像がしにくい・・。
そんな方の為に、住宅展示場の正しい・賢い使い方について書いていこうと思います。

豊田市の住宅展示場/モデルハウス、とその仕組み

豊田市の人口は、約42万人。
住宅の総戸数は約17万戸で、いまや名古屋市の次に大きい都市になっています。
やはりトヨタ自動車の影響が大きいと言えますね!
持ち家の数も96,000戸ほど。持ち家の増加率は10%超なので、続々と新しい住宅が建築されている活気溢れる街です。
以前は比較的低かった持ち家率も、今は64%前後という数字で愛知県でも高い部類に入りました!

そんな豊田市では、注文住宅などの建築も多くなっています。
年間で考えると、豊田市の注文住宅のみで約1500戸程。名古屋市に次ぐ新築数です。
しかし、豊田市には住宅展示場やモデルハウスはナゴヤハウジングセンターのみで、大手のハウスメーカーや工務店が軒を連ねた展示場となっており、間取りの多い二世帯住宅や収納など容量のすごく広く大きな家であったりと、注文住宅の坪単価の建築費用相場からかけ離れた現実味のない注文住宅ばかり。
天井が高く広々としたリビング、大解放の吹き抜けとシャレた照明、収納力抜群のスタイリッシュなキッチン、開放感のあるサニタリー、など見ているだけで思わずテンションが上がってしまうこともしばしば。
やはり理想の家や住まいをイメージしているので、こんな暮らしがしたいな~と舞い上がってしまう気持ちもよく分かります。

・・が、ここは落ち着いて考えていきましょう。
豊田市で注文住宅を建てるのであれば、家づくりにかける費用(+土地の取得費用)でどれほどの予算をかけるのか?
少なからず、その照らし合わせが必要です。
豊田市に限らず、土地探しから始める方が多いですが、全体の住宅予算のイメージをきちんと持っておく必要があります。
住宅展示場にあるモデルハウスは、億超えの金額の高い家がほとんどで、そのイメージで家づくりをしようと思うと建築費用が像以上に高いことに驚かされます。
建物坪単価や建築費用などの割り出しをおおまかにしつつ、話を聞いていかないと「大幅な予算オーバー!」なんてことになります。
はやる気持ちは抑えつつ、各ハウスメーカーや工務店さんが展示しているモデルハウスがどれほどの費用で家づくりをするのか?を確認していきましょう。

住宅展示場で開催されるセミナーなどは活用すべき

住宅展示場やハウジングセンターでは、定期的にセミナーやイベントが開催されているのをご存知だと思います。
たくさんのハウスメーカーや工務店さんの営業や宣伝を担っている住宅展示場なので、集客をしてなんぼ!の施設なのです。
ですので、子育て世代にウケの良い〇〇キャラクターショーやご当地グルメなど、行きたくなるようなイベントがたくさんありますよね。
その中でも、家づくりを始めた方向けのセミナーや勉強会も数多く実施しています。
例えば、豊田市での家づくりにおけるアレコレ、豊田市の土地探し情報など、その地域性に合った内容のものも数多くあるものです。
一般的な話に加えた地域性はしっかり情報収集しておけば、かならず役に立つものも多いはず・・。

これらの話は、住宅展示場やハウジングセンターに出展しているハウスメーカーや工務店さんが情報発信をするわけでなく、展示場の運営側が行うセミナーや勉強会なので「中立的」な要素もあり、あとで営業をかけられて困る!なんてことも少ないので、利用する価値はあると思います。
(そこで、個人情報などを提示するかしないかは、各個人の判断ですがww)
家づくりにおいて最低限、勉強しておくべき「段取り」や「条件整理」、「会社選び」など、計画的にスムーズに進めるためにも必要だと考えます。

住宅展示場で一度にたくさんの建築会社と会えるのは得策?

家づくりを考える上で、すごく苦労することにひとつに「建築会社探し」があります。
豊田市でも年間で1,400戸ほどの注文住宅などの家づくりがされるので、それに見合っただけのハウスメーカーや工務店がたくさん存在します。
その中で、理想の暮らしを実現してくれる建築会社は何社いるでしょうか?
探していくと分かると思いますが、マッチする会社は実はものすごく少ないのです。(私の感覚では、ほんの数社だと思いますが)
・・そもそも建築会社と出会える場がかなり限られていますよね。
その結果、皆さん、一度にたくさん建築会社の話が聞けるということで、住宅展示場はハウジングセンターへ行く!ということなんですね。

ただ、住宅展示場へモデルハウスへ見学に行ったり、話を聞きに行かれる方のほとんどは、家づくりを考え始めた方ばかり。
右も左も分からない状況ゆえ、家づくりのいろいろな話を聞いて混乱することが多いですね。
むやみやたらと建築会社の話を聞くのではなく、意匠性や家づくりの特徴をよく見て、ある程度絞って話を聞くことが大事です。

そして、より具体的な予算の話をすることも大事なこと。
良いハウスメーカーや工務店の営業マンは、こちらからの提案に対して「どれだけ応えてくれるか?」を見ていれば分かります。
ただただ、相手方の提案やプレゼンを聞くレベルでは、家づくりの本当の姿勢は見えてこないので、しっかりと交渉の土俵に立って良い面も悪い面も説明してくれる信用できる方を探していくことで、会社選び=人選びもスムーズに進めることができると思います。

 

豊田市の注文住宅の坪単価や建築費用を統一して、比較することが大事。

豊田市・岡崎市・安城市などの住宅展示場やモデルハウスがダメとは言いませんが、実際に注文住宅の段取りを進めていくと「あれ?坪単価がだいぶ高くなった!建築費用が上がって資金計画に合わなくなった・・」となるケースもよくあります。
どちらかというと豊田市などで開催されるオープンハウスなどで坪単価・建築費用や収納・間取りなどのイメージを膨らませながら、注文住宅の家づくりを進めていく方が、より失敗しない=後悔しない家づくりになるのでは?と思います。
リアルで注文住宅の予算にあった坪単価や建築費用、そして広すぎず・狭すぎず・使いやすい収納計画や間取り。
理想の暮らしを実現するためには、やはりイメージに近い実物をみること。これが一番の近道だと言えます♪

そして、家族で話し合った間取りや収納計画から、大体の家の大きさや間取りを決めておくことです。
ある程度の条件整理が住んでいれば、各ハウスメーカーや工務店へその意向を伝え、同じような設計プランが上がってくるので、なにより「比較」がし易くなります。
この比較することで、坪単価や建築費用、コストパフォーマンスが見えてくるので、ご家族にあうハウスメーカーや工務店を選ぶことが出来るようになります。

ここ豊田市・岡崎市・安城市などの住宅展示場やモデルハウス・オープンハウスなどを使いたい注文住宅をお考えの方は、ぜひ、掲載している注文住宅の事例を見学したり、資料請求などしたり、活用頂けたら幸いです。
子育てのし易い間取り、家事のし易い収納・動線、坪単価や建築費用などのイメージもし易いはずです。
引き続き、注文住宅事例をたくさん掲載/更新していきますので、ご覧くださいませ♪


 

―のぞっく編集部 マツモト―
住宅展示場・オープンハウスではなく、身近な東海の注文住宅をのぞこう「のぞっく」
~注文住宅を見学して間取りや収納計画、坪単価など建築費用を参考にしよう~
対象エリア:西三河 | 豊田市・岡崎市・安城市 | その他近郊。

■注文住宅の事例一覧はこちら
→→→ 東海の注文住宅:事例一覧へ

■リノベーションの事例一覧はこちら
→→→ 東海のリノベーション:事例一覧へ