オープンハウス/講座などイベント情報はコチラ >>

豊田市で注文住宅|建築費用の相場は2,482万??|ローコスト

豊田市の工務店が建てる注文住宅 豊田市の戸建て(木造)の役立ち情報

豊田市で注文住宅の家づくりをお考えの方!

はじめまして。
まずは、記事に興味を持っていただき、ありがとうございます。
今、豊田市で自由設計で住宅建てようとお考えだと思いますが、その情報を収集しようとする姿勢は素晴らしいことだと思います。
「注文住宅の家づくりの善し悪しは、情報が全て」と言い切れるほど、まずは学び、知ることから始めなければいけません。
「わたしたちらしい暮らし」が実現できるように、発信するブログが皆さんのお役に立てたら幸いです。

 

家づくりに向いている豊田市という街

豊田市の人口は約42.5万人。
これだけの人口がいる街だけあって、注文住宅などの家づくりの数は、年間1400戸程建てられ、名古屋市に次ぐ「住宅の建築数」(注文住宅)であり、市場規模が大きいエリアと言えます。
それだけ、豊田市の地域は都市開発や区画整理が入り、需要/ニーズが増えている活気あふれる街だということですね!
そんな豊田市の注文住宅や分譲住宅などの持ち家率は約64%と高く、愛知県が50%を切るという水準なので、豊田市の家づくり/持ち家趣向がいかに高いかがお分かり頂けると思います。
それだけ、製造業を中心とした企業が多く存在し、そこに勤める方が豊田市に生涯の拠点を置くために、持ち家を構えるということなのでしょう。
それに、注文住宅は分譲住宅と比較して住宅の建物坪単価や建築費用は高くなりますが、それでも豊田市の注文住宅/家づくりの数が多い!ということは所得の高い方が多い特徴がある。ということだと推測できます。

 

豊田市の注文住宅データ/統計データをお手本にしよう

豊田市で注文住宅の家づくりを考えている方の約8割ほどは、土地探しから始まるのだそう。
家づくりをする多くの方は、土地の広さ~住宅の広さ/大きさまでをゼロから考えていくことになりますね。
「平屋が良いな♪」「広いお庭があったら気持ちいいな♪」などワクワクする反面、進めば進むほど「住宅予算」とのにらめっこが多くなり家づくりに疲れてしまうこともしばしば。
そんな方の為に、一つの目安(相場)をお伝えしたいと思います。

 


豊田市の戸建て住宅一戸当たり平均値(注文住宅・分譲含む)
・住宅の延べ面積:136.53㎡
・居住室数:6.27室
・一人当たりの居住畳数:14.82畳
[出典:国交省住宅局(豊田市注文住宅からpickup)]


 

例えば、豊田市で注文住宅などで建てられる家づくりの一戸当たりの平均は136.5㎡ほどで、愛知県の家づくりの平均:128㎡(居住室数6部屋)と比較すると、豊田市での家づくりは広く大きい傾向にあることが分かります。
家が広いということは、より「理想の暮らしを実現できる!」ことを意味するので、ワクワクされる方も多いのでは?!

136.5㎡=41.4坪です。
例えば、坪単価60万の住宅であれば、60万×41.4坪=2,482万 になります。
そして、建築基準法の建ぺい率を60%で仮定すると・・
必要な土地の広さは、41.4坪÷0.6=69坪となります。
土地坪単価を30万で計算すると、69坪×30万=2,070万 になります。

いかがでしょうか?
家づくりにかかるお金の部分が、ぼんやりと見えてくると思います。
特に、土地探しから始められる方は、家にかける建築費用と、土地の取得費用のバランスはすごく重要な判断になります。
ローコスト住宅を考えているのであれば、なお更、仕様と設備とのバランスから坪単価を幾ら以内に・・という目安が前もって必要になります。
ひとりで悩まず、早い段階で相談をし、考えて、資金計画を考えておく必要があると思います。

 

将来的にその住まいの間取りをどう使っていくのかを考える

何十年と住み継いでいくであろう住まい。
将来的なことを考えるような長い目で「住まい」を考えた時に「家の広さ/間取り」が適正かを考えることです。
子どもが生まれ独立するまで約20年、そこに住む家族のライフスタイルは変わり、暮らしはどんどんと様変わりします。
そして、子どもがいなくなった時に夫婦だけでの暮らしに合わせるには、間取りをどう工夫して使うべきなのか?などを考えていくことを意味しています。
大体の相場や平均的な家づくりばかりを参考にして、自分たちの暮らしに合わせず家づくりを進めると、あとになって「暮らしのミスマッチ=暮らしにくい」ことに気づいたりすりものです。
家づくりは、[理想の暮らしを実現するもの」という考え方で、今一度、住まいの使い方や暮らし方を見つめなおしてみましょう。

 

豊田市の工務店の口コミと評判と注文住宅

 

豊田市の工務店ランキング、口コミ・評判は信用できる?

「豊田市 注文住宅」「豊田市 工務店」などと検索すると、工務店のランキングやハウスメーカーの評判や人気・口コミ、坪単価やおすすめ情報などを紹介しているサイトがあります。・・が、これをどこまで信用してみて良いのか、疑問に感じる部分も多いのでは? と思います。

例えば、豊田市で注文住宅を建てようと考えれば、当然、豊田市の工務店やハウスメーカーのホームページ、あるいは工務店ランキングや口コミ・評判のサイトなどを見て、その建築会社の特徴や魅力を確認していきますが、基本的には各媒体となるメディアが「建築会社をよく魅せようとしているのでは?」という目で見てみることも大切だと思います。
中には、リアルな口コミ・評判をまとめたメディアもありますので、一概には言えませんが。。

「豊田市での実績ランキング1位!」
「豊田市でダントツお客様満足度No.1!」など、表現の仕方はさまざま。

豊田市の工務店やハウスメーカーはたくさんある中で、売り手側の情報発信だという認識をきちんともって判断していかねばならないので、このへんの判断は実はすごく難しいですね。

そんな中でも、その工務店やハウスメーカー、設計事務所を上手く選ぶコツとしては、具体的な建築事例やお客さんのリアルな声を見ていくことをお勧めします。

手掛けている住宅の意匠性やデザイン、機能性など、理想とする住まいにイメージが近いのかどうか。
また、家づくりをされた家主さんの声を読んだり、家づくりをされた家主さんとの交流(餅つき大会やバーベキューや季節のお祭りなどなど)は実際にあるのか?などを見ていくことで、家主さんとどんな付き合いをしているか、顧客への真摯な姿勢が垣間見えてくるものです。
どんな人が実際に家づくりに携わり、どんな姿勢で取り組んでいるのか、地域貢献などの地元に根付いた活動をしているか、などの建築会社としての具体的な活動をみることで、その建築会社が何を大切にしているか?が分かったりもします。
そういった点では、ホームページやフェイスブック/インスタグラムなどの、情報発信の媒体は、いまや信用信頼を確認するツールとも言えますね。

 

豊田市の多くの工務店から相性のあう会社を選ぶ方法

実際にお客さまとお話をさせていただくときに、「建てたい住宅と工務店とのミスマッチ」をよく目にします。
例えば、和風や洋風、プロヴァンス風、カフェ風、カリフォルニア風、ロッジ風、箱型の家など、現在の家づくりはデザイン的に数多くの種類がある中で、豊田市で注文住宅を考える場合にも二百社以上ある建築会社の中から「選んでいく作業」がかならず必要になります。

これらの家づくりにおけるデザインの要望を、ハウスメーカーや工務店・設計事務所と上手くマッチさせていく為には、まずは、相談する工務店をきちんと調べて、知っておくことが大事なことだと言えます。
工務店のウェブサイトを開くと、必ず施工事例/住宅実例がたくさん掲載されているはずです。
これらの施工事例の内装や外観、キッチンやサニタリーの設備面などをよく見て、自分たちの理想の家づくりに合っているのか?をよく考えてみましょう。
まずは、この意匠的/デザインの面からでも構わないので、ハウスメーカーや工務店、はたまた建築設計事務所の住宅の建築力/表現力(引き出しの多さ)などを確認していく・・まずはここから絞り込みがスタートできると思います。

 

また、デザイン/意匠性などと同じく、「お客さまの声」も見ておきたいところですね。
家づくりは「ゼロから暮らしをつくる」ことが出来るのが最大の魅力であり、住み心地が最高に良くなくては家づくりの意味がありません。
今まで家づくりをしてきた家主さんの反応を見ていくことで、きちんとお客さまの声に耳を傾け、柔軟に対応し、真摯に家づくりに取り組んでいるのかどうかが見えてくるはずです。
人と人が話し合いゼロイチで作り上げていくものですから、かならず相性が関係してきますし、共感・同調ができる相手でないと、家づくりを楽しむこともできなくなります。
事前にご家族の中で話し合い、相談する相手を時間をかけて調べていくことは、すごく大事なことだと分かっていただけると思います。

その他にも、その工務店が考えている「家づくりのポリシー」も確認しておきたいところです。
きちんとした施工や工程の管理、品質の保持をする建築会社は、きちんとした注文住宅の家づくりへの想いを持っていることが多いと感じます。

 

 

 

豊田市の工務店さんからの見積りは、多くても2・3社ほどに絞った方が無難。

見積りは多ければ多い方が良い!とお考えの方が多いのではないのでしょうか?
豊田市でも、注文住宅を扱う多くの工務店/建築会社さんがいらっしゃるので、そのお気持ちも分かります・・。
・・が、「多くの会社から見積りをとる」といった行為は避けた方が良い、、と私たちは考えています。

それはなぜか?!
大きな理由は、「混乱するから」です。
家づくりをお考えの方から聞く声として多いのが、、
「どこの会社が良いのか、ワケが分からなくなってしまった!!」
「いろいろな見積もりの項目があって、どこが安いのかが分からないわ・・」などです。

注文住宅の家づくりにおける建築費用の内訳は、さまざまな項目があります。大項目で考えても、住宅の躯体費用、内装費用、外装費用、設備費用、給排水費用、外構費用、設計費用、申請手続き費用・・などに分けられ、さらにそこから中項目、小項目といった形で分けられます。
これらは、家の構造・形状・プランの違いや設備・仕様のグレードによっても、まったく変わってきます。
それらの違いは、トータル費用や坪単価などでは、簡単に比べられるものではなく、ひとつひとつひも解いていかねば、コスパの良さは分かりません。

また、豊田市にある各工務店/建築会社によって、得意・不得意もあるので比較することが難しいんです。
ここでの解決策はというと、、
自由設計の家づくりとは言え、住み手となるご家族の中でしっかりと話しあい、条件整理や優先順位をつけて、大まかな理想の間取りプランを作ってしまうことです。
住宅の構造、形状から、間取り、仕様設備など、同グレードの住宅を想定して比較することで、豊田市の各工務店/建築会社の提案プランの善し悪しが見えやすかったり、限られた内容の中でのアイデア・工夫も見てとれやすいかと思いますね。

 

 

 

ぞれぞれの工務店さんが出す見積りに差が出る理由

名古屋市で注文住宅を建てるとなった時には、名古屋市を施工エリアとする工務店さんにお願いすることになりますね。
名古屋市という同じ商圏で建築事業をしていらっしゃる工務店さんなのに、同じような工事でも多少の誤差がでるのはなぜでしょう?
例えば、住宅の建築費用として見積りを取ったときに、200-400万円ほどの差(得)が出ることが意外と多くあります。
いったい、なぜでしょう?

理由は2つ。
ひとつは、各工務店など建築会社によって、得意なこと、得意じゃないことが違うからです。
例えば、建材を仕入れる流通経路が違えば手数料が変わりますし、年間でどれだけの仕入れをするかで単価を落とすことができたりもします。
そんなこと?と思われるかも知れませんが、家にはかなり多くの木材や建材を使うので、単価が少し違うだけでも累積で考えると、数百万とコストに大きな差が出たりするものなのです。

もうひとつの理由は、ひとつの家づくりを手掛けるのに、広告宣伝費や人件費をどれほど使っているのか。
いわゆる経費の割合のことで、「住宅のコストパフォーマンス」とも言えます。
工務店や設計事務所は、より多くの方に知ってもらうために、広告宣伝費を使って、ネットや雑誌などに掲載をして問い合わせを待つスタイルを取ります。

ここがゼロという会社はたぶんいないと思いますが、少ない経費でお客さんを集めている建築会社は実はあります。
それは、建ててくれた家主さんの紹介です。この紹介が多いと工務店さんなどはコストを抑えた家づくりができる為、お客さまへの提示する価格も下げることができる・・という仕組みですね。
住宅を建てるコストパフォーマンスを上げるために、名古屋市の工務店/建築会社さんは日々工夫をしながら営業をされていますので、そんな事業を取り組む「姿勢」もひとつの指標にして、選んでいきたいところですね。

 

豊田市注文住宅と工務店とは

 

住宅建築費/坪単価の上がり下がりを理解しよう

住宅を建てる時の建築費用として、よく「坪単価」が使われますが、この坪単価は何によって上がったり下がったりするのでしょうか?
まず、同じ延床面積の家であれば、住宅の建築費用が高いほど坪単価は高く、逆に安いほど坪単価は下がります。
この住宅費用/建築費用の上がり下がりに影響するのは、主に家の意匠・構造/デザインであったり、設備・仕様だったりと色々なものの積み重ねで決まってきます。

そして、この坪単価に大きく影響するのは、どちらかというと内装よりも外観のほうです。
例えば、同じ面積の住宅であっても、外観デザインに凹凸が多かったりすると、施工する面積が広がるため外壁の量や足場のコストもアップしますし、シンプルな納まりではないケースが多く大工工事などが増えた分の工事コストが増えるということになります。

また、キッチンやトイレなどの水まわり設備のグレードを上げれば上げるほど坪単価が上がります。
トイレはタンクレスや、タンク付きでも自動で開閉や洗浄ができるタイプ、キッチンはIHクッキングヒーターや引き出し式の収納などの場合、設備価格や工事価格がアップするので、坪単価が高くなる・・ということですね。
つまり、1階と2階の床面積が同じ総2階建ての箱形の家など、できるだけシンプルな形が坪単価を抑えやすい、ということになります。

また、仕様・設備なども長い目で見て本当に必要なもののみにお金を掛けるという優先順位をつけていくことでコスパを上げることが出来るでしょうし、内装の壁紙などもあとで変更しやすい部分は安価なものにすることでコストダウンを図ることもできます。

 

 

良い土地が見つかったときに「急かされる」理由とは

豊田市で注文住宅お考えの方の約7割は「土地探し」から始まります。
実際に、家を建てたいが所有の土地はなく、豊田市の希望のエリアで土地探しをしながら家づくりを考えるといった流れですね。
実は、その土地探し~家づくりの流れの中では、「急かされる」といった状況があったりします。

これはなぜでしょう?
それは、住宅ローンの融資の関係になります。
一般的には住宅ローンをくむときには「土地+建物」を一体化させた形で融資を進めていくわけですが。。

ここで具体的に「土地にかかる費用」と「建物にかかる費用」を算出して、融資額を決める・・という流れの中で「土地にかかる費用」は、豊田市での土地の特徴や歴史、土地の形状や用途地域、ライフラインなどの給排水の状況などが見えてくれば、ある程度は早く費用を概算することができます。

これに対して「建物にかかる費用」は、その土地に対してどんなプランの住宅を建てるのかをあらかたのイメージで決めておかねば概算の費用は出せませんし、そもそも建築会社が決まっていない状況であれば、なおのこと「土地+建物」のトータルの概算費用を出すことには時間がかかってしまいます。
この「時間がかかる=手間取る」ことに、土地の売り手は待ってくれるわけではありませんから、他のお客さんに土地をとられてしまうことになります。

なので、「良い土地がみつかったから、他に取られる前に早く契約しましょう」となるのです。
(「会社の決算時期なので、今ならお安くできます!」などもさらに急かされることも。笑)

家のプランを急ぎ、建築会社選びを急ぎ、さらには「子どもの就学/転園の時期に合わせた引っ越しのタイミング」なども同時に考えなくちゃ・・と、これら「急がなきゃ!」の状況から、「家づくりの大失敗/大後悔」が起きてしまうのです。
何十年と住み続ける住まいだからこそ、理想の家を、想定内のお金で買えるように、きちんとした計画を立てていきたいところ。

だからこそ、豊田市での土地探しも大事ではありますが、良い土地が出た時に、スムーズに結論が出せるように、間取りプランニングや設備仕様などの家のグレードをある程度決めておく、そして、それを具現化してくれる工務店さんをある程度、絞り込んでおくことが大事です。

 

オープンハウス・完成見学会/OB暮らし見学会に参加するのがベスト

豊田市の住宅展示場やモデルハウスにはもう行きましたでしょうか?
某大手のアンケートによると、注文住宅などで家づくりをお考えの方の98%は「住宅展示場やモデルハウス」などを利用するそうです。
百聞は一見にしかず!というところですね。
まずは、実際にいろんな家を見て、イメージを膨らまそう♪と考えることは当然のことだと思いますし、考え方として間違ってはいないかと思います。

しかーし、住宅展示場などに建っているモデルハウスたち、、実際に見て見ると・・すごく大きく立派な家じゃありませんか?
実は、住宅展示場に建っているモデルハウスのほとんどは「住宅費用が億越え」の家なのです。
モデルハウスですから、ハウスメーカー/工務店/建築会社の「顔」とも言えるものなので、やはり大きく、設備仕様もグレードが高いモノが使われているので、当然と言われれば当然ですね。
ですので、そんなモデルハウスのイメージをもって、家づくりプランを進めていくと、、「建築費が高すぎるわ・・」なんてことになり易いですし、「あれ?想像と違った(残念な)家になっちゃった・・」なんてことにもなります。

そうならない為に、どうするか?
それは、「オープンハウス・完成見学会/OB暮らし見学会」に参加することです。

デザイン工務店でも情報発信はしておりますが、実際に豊田市でも多くの注文住宅の新築が建っていますので、オープンハウス・完成見学会は開催しているでしょうし、豊田市にお住いのOBさんのらし見学会も開催されているはずです。
これは「いつでも参加できる」というものではなく、タイミングであり、ご縁でございますが。

豊田市でオープンハウス・完成見学会/OB暮らし見学会を開催していないかな?と常にアンテナを張っておくことをおススメします。
そして、暮らし見学会や、オープンハウス・完成見学会では、実際に豊田市で家づくりをしたOBさんに会えることも多かったりします。
そこでは、家づくりの経験者(先輩)に、「本音」で「ホント」が聞けたりすることも!

当初の要望~設計プランニング~引き渡し~アフターまで、どんなエピソードがあったのか?
お金のこと、土地探しのこと、生活動線のことなどなど、リアルな声を聞いてみるとすごく勉強になるし、共感もできるのでこの先の安心感にもつながるはずです。
「もしOBさんに会えたら、こんなこと聞いてみたいな♪」という内容も纏めておくと良いかも知れませんね。

 

今回の話は以上です。
これからも豊田市で注文住宅を建てるハウスメーカーや工務店、設計事務所さんに伺って、今後も家づくりを考えられている皆さんが気になるであろう注文住宅の間取りや収納計画・建築費用や坪単価などの事例を、より多く紹介していこうと思います♪

皆さまの注文住宅の家づくりのお役にたてますように。

 

 

 

豊田市で注文住宅/工務店探しをご検討中であれば、ぜひお話聞かせてください!

わたしたちの自社紹介をさせてくださいませ!
私たちは、以下のようなコンセプトで家づくりに取り組んでいます。

 

豊田市の工務店が建てる注文住宅

 

上質な暮らしを100年の技術で・・自然体で、健やかに暮らすこと。「上質な暮らし」が私たちの答えです。

人にやさしい自然素材で・・表面的な見栄えや価格といった目先のことにとらわれず、時が経つほどに味わいが増し、いつまでも心地よく暮らせる自然素材を使った家づくりをしています。

耐震・省エネ最高ランクの性能・・私たちは、省エネ性能を追求し、耐震基準の最高ランクである耐震等級3、省エネ性能においても国内最高水準のG2グレードで家づくりをしています。

さりげなくおしゃれでシンプルに・・私たちは「かっこいい」「かわいい」を飽きの来ないシンプルなデザインと上質な本物の素材でさりげなく表現し、時がたっても長く住みつなぐことのできる暮らしづくりを追求しています。

家づくりをお考えの方、ぜひご覧いただけましたら幸いです。

住宅事例はこちら >>

 

 

 


きらくの家
私たちと一緒に「らしく」な家づくり、カタチにしてみませんか?
ブログ:豊田市で注文住宅|相場は2,482万??|ローコスト

 

タイトルとURLをコピーしました